気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

そば打ち 初心者なら信州岩波流の打ち方が簡単 モーニングバード

スポンサードリンク

モーニングバードでは人生が変わるそば打ちが紹介されていました。今、50代、60代を中心にこのそば打ちにハマっている人が多いという。どれくらい夢中にさせるのか、良純さんが体験。そばの打ち方は、信州岩波流という方法で家庭で簡単にできる方法で行っていました。

信州岩波流のそばの打ち方

番組では初心者がお家でも簡単にそば打つ方法として、信州岩波流が紹介されていました。信州岩波流は諏訪の岩波金太郎さんいう方が考案した方法だということでした。

家庭にある道具で簡単そば打ちができるのが特徴とのこと。

そば粉8割、小麦粉を2割配合した二八そばを作ります。

用意する道具と材料

  • ボウル…家庭にある普通のもの。そば粉300gくらいなら対応出来るようです。
  • 麺棒…ない場合はサランラップの芯でも代用できるとのこと。
  • 菜切り包丁…なければ文化包丁でも大丈夫
  • そば粉…300g、そば粉は500gあたり700円程度の中級クラスの物を使うことがお勧めだということでした。
  • 水…水の分量はそば粉のパッケージにたいてい書いてあるということでした。

そばの打ち方

  1. まずはそば粉をふるいにかけて塊を崩します。
  2. そして、そば粉に水を50%前後浸透させる水回しを行います。信州岩波流では、上から水をたらたらと垂らして5分間待ちます。自然に粉と水がなじんでいくという。そしたらできるだけ手早くそば粉を混ぜて水を回します。うまくいくと大きな塊になります。
  3. 麺棒を使いのしという工程に入ります。これは麺棒をつかって記事を薄く伸ばす作業です。この時、麺棒などに生地がつかなようにするそば粉の一種をまぶします。
  4. 麺棒で薄く伸ばしたら生地を切るために3つに折りたたみます。
  5. 最後に生地を包丁で均等に切っていきます。

この形になったそばが嬉しさになり、みんなそば打ちにはまっていくということでした。しかも作ってすぐに食べるのでとても美味しいということでした。

このそば打ちに夢中になるあまり、自分で蕎麦屋さんを作って人生が変わってしまったという人もいるそうです。