気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

かかとのガサガサ2つの原因と金子エミさんの足の保湿ケアのやり方

スポンサードリンク

あさイチでは、かかとのガサガサの2つの原因とその解消法が紹介されていました。足のかかとの乾燥はしっかりとした保湿ケアでなんとかなるようです。そこで、パーツモデルの金子エミさんが普段行っているという足の保湿ケアに注目。いったいどんな方法で足の裏やかかとをきれいに保っているのでしょうか。

たった10分の金子エミさんの足の保湿ケアのやり方

足のかかとはシッカリと保湿して乾燥から守ってあげることが、カサカサにならないコツのひとつです。番組ではパーツモデルの金子エミさんがご自身が実践しているという足のスペシャルケアを取り上げていました。なんとたったの10分行うと良いそうです。

金子さんは美しいかかとを維持するために家の中でもこまめに保湿ケアをしているとのこと。

冬は家の中も、床暖房やこたつで足の裏も乾燥するのでこまめに保湿ケアすることが大切とのこと。

スペシャルケアのやり方

金子エミさんの足の裏のスペシャルケアのやり方は次のとおりでした。これでシッカリとかかとのガサガサも予防することができそうです。

  • 用意するものは化粧水(お手頃価格のもの)とぬるめのお湯とフェルトタイプのキッチンペーパーです。
  • 容器に化粧水70mlとお湯70mlを入れます。(お湯と化粧水の割合は1:1)キッチンペーパーを浸し、軽く絞ります。
  • 次にその化粧水がついたキッチンペーパーを足にきっちり巻きつけていきます。かかと、甲もしっかりと巻きつけます。
  • 仕上げに、アルミホイルで足全体を巻きます。これがとても重要とのこと。アルミホイルで足全体を巻くことでシッカリと保湿ができるとのこと。
  • アルミホイルを巻いてから待つこと5分。足に巻いていたキッチンペーパーとアルミホイルを取り除き、ハンドクリームを足にかかとを中心に丁寧に塗り込んでいきます。
  • 最後にクリームの浸透力を高めるために、かかとのカバーをして終了です。

アルミホイルで巻くことで、肌が蒸されてジューシーになるとのこと。さらに、皮膚科の専門医によると、アルミホイルで巻くことで保温性も増し発汗を促しかかとのカサカサを防ぐ効果も期待できるということでした。

足の新陳代謝をアップさせるエクササイズ

かかとがガサガサになる、もう一つの原因は新陳代謝の衰えも関係しているとのこと。番組ではその新陳代謝をアップさせる運動も紹介していました。

テニスボールを使った足裏エクササイズ

  • 椅子を用意して座ります。靴を脱いで起きます。
  • 次にテニスボールを足裏に置いて、いた気持ちいくらいの体重をかけます。
  • 指先からかかとまでボールを転がします。片足1分程度行います。

テニスボールがなければ茶筒でもスチール缶でも代用できるとのこと。

ふくらはぎのエクササイズ

足先に血液をしっかりと流すためにふくらはぎもマッサージします。

  • 椅子に座り、片足のふくらはぎの下を両手でつかみます。
  • 親指でふくらはぎをいた気持ちいくらいの強さで押します。
  • この時かかとをつけたままつま先をゆっくりと上下に動かします。
  • これを片足ずつ5回行います。

自分のかかとにあった靴を選ぶ

カサカサになる原因は冒頭で2つあるといいましたが、それは乾燥と刺激です。乾燥は金子エミさんの保湿ケアで対応できるとして、刺激について。

これは、自分の足にあった靴を選ぶ必要があるとのこと。大きめのヒールなどを履いているとかかとが浮いてしまいいつも擦れてしまいます。これもかかとがガサガサになる原因のひとつ。

今はいている靴をどうしても使いたいという場合はかかとインソールを使ってかかとを脱げにくくするなどの対策をすると良いそうです。

かかとインソールは通販や靴屋さんなどで売られています。