気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

福井県民の肝臓が健康な理由 おろしそばと油揚げに秘密あり?

スポンサードリンク

都道府県別の肝疾患による死亡率の低さで、福井県は男女ともに3位で、男女ともに上位になっている県は福井県だけだという。福井県の人たちの肝臓が健康な理由はどこにあるのか。健康カプセル!ゲンキの時間では、おろしそば、厚揚げ(油揚げ)、精進料理の文化と肝臓の健康を調査していました。

番組ではとある福井県民の自宅を取材。旦那と奥さん、子供2人の4人家族の家庭。お酒が大好きだという旦那に人間ドックの結果を見せてもらったところ、肝臓に関する3種類の数値がGOT、GPT、γ-GTPがすべて基準値内でした。

その自宅の冷蔵庫をチェックすると油揚げが入ってました。しかも、細い油揚げには豆腐の部分がしっかりしていました。奥さんによると油揚げはよく使う食材なので切らさないようにしているとのこと。

ちなみに福井では厚揚げも含めて油揚げと呼ぶことが多いとのこと。また、福井市では油揚げ購入額が日本一でこの順位は53年連続だという。

油揚げに何か秘密があるのか

肝臓は解毒作用や栄養の代謝機能を行う臓器。食事で摂ったタンパク質を合成し全身に送り出します。

動物性タンパク質はカロリーが高い上に摂り過ぎると脂肪肝の原因にもなります。その点、豆腐などのタンパク質は植物性タンパク質なので低カロリー。厚揚げなどのように揚げていても、比較的肝臓にやさしいという。

寺が多く精進料理を食べる文化

福井県には寺が多く仏教王国と言われているほどで、精進料理などの植物性タンパク質の食事が各家庭に根付いているということでした。このことも肝臓の健康維持と関係があるのではないかと考えられているという。

おろしそばが肝臓の働きを助ける?

福井県には独特のそばがあるという。それはおろしそば。そばに含まれているコリンという成分には肝臓に脂肪が付着するのを防ぐ役割があるという。

また、おろしそばの特徴の1つには、大根汁たっぷりのめんつゆがあるという。この大根には肝臓の解毒作用を助けるはたらきがあるという。

福井県の人たちが普段何気なく食べている厚揚げやおろしそばに肝臓にやさしい秘密が隠されていたということでした。