気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

空回り脳の症状と原因 軽度認知障害のチェック法 ゲンキの時間

スポンサードリンク

思い出せないことを、「あれ」や「それ」で片付けていませんか。普段多用していたら、空回り脳になっているかも知れません。この空回り脳を放置しておくと軽度認知障害になり、いわゆる認知症予備軍になる可能性もあるという。健康カプセル!ゲンキの時間では、空回りの実態、サイン空回り脳を防ぐ方法を2週に渡って特集するとのこと。

空回り脳とは

用事があって移動したの、何をしに来たのか忘れてしまう。重要な会議で発言しようとした途端、頭のなかが真っ白になってしまった。商品の場所を尋ねたいのに肝心の名前が出てこない。筑波大学 精神医学教授の朝田隆医学博士によるとこういったことが起こる理由は脳が空回りしているからだということでした。

空回り脳の原因

「あそこの部屋のあの記憶」みたいな指令系統が上手く進まない事が原因の一つになっているという。朝田先生によると記憶は脳の中の各部屋にしまわれている状態。例えば、空回り脳になると101号室に格納してある記憶を取り出そうとして103号室のドアをノックしてしまう状態だということでした。脳の命令系統がまさに空回りしている状態を空回り脳と呼ぶそうです。

空回り脳はよくある現象のうようですが軽度認知障害に進む事もあるということでした。軽度認知障害は正常ではないけれど認知症でもない中間的な状態。軽度認知障害とは空回り脳が酷くなった状態のことです。物忘れがひどくなって入るが日常生活には問題がない状態。

しかし、空回り脳を放置しておくと5年以内に7割の人が認知症に進行してしまうということでした。空回り脳とは認知症の入り口。認知症を防ぐためにも空回り脳に気づくことが大切

空回りの実態

5人の50代から60代の健康・熟年のチャレンジャーに、地図と財布を渡して地図をたよりにスーパーに行き買い物をして戻ってくるという空回り脳の実態がわかる実験をしてもらいました。ちなみに買い物内容は7品で、1分半で暗記してもらいます。

この実験では注意力、記憶力、段取り力が判断できるということでした。主婦歴40年の女性は問題なく7品全部購入して元の場所に戻ってくることができました。ちなみに帰りは地図なしで元の場所に戻ってもらいます。

もう一人のチャレンジャーの女性は2つ商品を間違えて購入していました。記憶のところで空回りがあったということでした。

空回り脳で衰える第一のちからが記憶力です。過去に覚えたことを思い出す力。この力が衰えると物忘れが多くなります。

空回り脳で衰える第二のちからが注意力。注意力とは複数のことに注意を振り分ける力。

空回り脳で衰える第三のちからが段取り力です。物事の計画や手順を考える力。ある男性は実験で多くのの商品の場所を店員さんに聞いていました。

記憶力、注意力、段取り力が空回り脳によって弱くなってしまうということでした。先生によるとさらにこの3つの力を衰えさせる要因があるということでした。それはハイテク化です。カーナビや自動計算機などを使うことで脳に負担がかからない、楽をするということが溜まってくると、物忘れ、空回りの原因になるということでした。

また、コミュニケーション不足も脳機能を低下させてしまうということでした。

空回り脳の予防法と改善法についてはこちらの記事が参考になります。


空回り脳を予防・改善させる シナプソロジー デュアルタスク ドキドキヘビ退治 - 気になるネタ

軽度認知障害チェック

ハト模倣テスト

テストする側は、手で鳩の形をつくって、それをテストを受ける方に10秒間見せ続けます。10秒後、テストを受ける側は手で鳩の形を再現することができるかどうかテストします。

軽度認知障害になると手の重ね方が逆になったり、手のひらの向きが逆になったりするということでした。