気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

目の奥にカスがたまる目の病気と予防する4つの栄養素

スポンサードリンク

みんなの家庭の医学では、目の奥にカスがたまる病気が紹介されていました。加齢で物が見づらくなる事がありますが、近年急増している新たな目の病がこのカスが溜まる眼病、加齢黄斑変性。番組ではこの加齢黄斑変性を予防する4つの栄養素も紹介していました。

目のカスがたまらないようにする4つの栄養素

番組で紹介していた、目にカスがたまらないようにする4つの栄養素は次のとおりでした。

  1. ビタミンC
  2. ビタミンE
  3. 亜鉛
  4. ルテイン:ほうれん草、ケールなど緑黄色野菜に多く含まれているという。

目にカスがたまる病気の症状

目にカスが溜まる病気、加齢黄斑変性の主な症状は次のとおりでした。ただし、症状には個人差があるようです。また、目にカスが溜まっているだけでは、これといった症状が起こりにくいとのこと。

  • 新聞の字の大きな見出しは見えるが、それよりも小さな字が見づらくなる。
  • 人と会った時の顔の識別ができない。
  • 相手の顔の表情(笑っているのか、怒っているのか)がわからない。

目にカスが溜まったある男性のケースでは、電柱などが蛇のように曲がって見えたということでした。

この男性のは右目だけにカスがたまっていたので、右目で物をみると今だに物が歪んで見えるという。

これらの症状が起こる原因

上記の目の不調による症状は、目の奥にカスがたまることが原因で起きるとされている。具体的には目の網膜にカスが溜まるという。

ただ、症状が出ていなくとも、程度の差こそあれ目にカスが溜まっている人は少なくないとのこと。

目にカスが溜まる原因

専門家の医師によると、目の奥にカスが溜まる一番の原因は加齢だという。