気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

ステンレスの水筒の茶渋の落とし方 過炭酸ナトリウムがベスト あさイチ

スポンサードリンク

この時期はマイボトル(水筒)を持ち歩く人が多くなる季節です。特にステンレス製のマイボトルを使っている人は、底にこびりつく茶渋がなかなか落とせているでしょうか。あさイチでは過炭酸ナトリウムを使って水筒の茶渋をしっかりと落とす方法が紹介されていました。

ステンレス製の水筒の茶渋の落とし方

マイボトル生活をしていて茶渋が落ちないと悩んでいる人は多いようです。特にステンレス製の水筒をマイボトルにしている方はなかなか茶渋を落とせずにいるのではないでしょうか。よく使う水筒ほど付いてしまうので本当に困ります。

マイボトル愛用のある女性はボトル用のブラシを使ってもなかなか落とせてないのが現状でした。そこで汚れ落としのスペシャリストの茂木和哉さんがステンレス製の水筒の茶渋の落とし方について教えてくれました。

過炭酸ナトリウムを使った茶渋の落とし方

茶渋を落とす方法としては重曹やセスキ炭酸ソーダを使う方法も可能ですが過炭酸ナトリウムを使った方が洗浄力があるとのこと。過炭酸ナトリウムを使った茶渋の落とし方は次のとおりでした。

過炭酸ナトリウムは強いアルカリ性の他に漂白力も兼ね備えているとのこと。また、セスキ炭酸ソーダよりもアルカリのパワーが10倍もあるという。

過炭酸ナトリウムは洗濯槽の汚れ落としやカビだらけのお風呂場の座椅子などにもその洗浄力を発揮します。

ちなみに重曹やセスキ炭酸ソーダには漂白力は無いとのこと。

実際の茶渋の落とし方

  1. お湯1リットルに対して5gの過炭酸ナトリウムを溶かしますお湯の温度は40度から50度。この温度の時が一番効果を発揮するということでした。
  2. 後はこの洗浄液を水筒に入れて1時間つけ置きします。この時絶対にキャップをしてはいけません。酸素が発生するのでキャップを閉めると壊れてしまう原因になります。
  3. 蓋の代わりにラップをかぶせて空気の通り穴を開けます。ラップを被せる理由は温度をなるべく下げないようにするためです。これでバッチリと茶渋が落ちるとのこと。

水筒の蓋の部分は分解できるものは分解して先ほどの過炭酸ナトリウムを溶かしたお湯に浸けておきます。

マイボトルの茶渋を落とせずにいた女性の方は、この過炭酸ナトリウムを使った方法で茶渋を落とし感動していました。

ステンレス製の水筒で使用不可な洗剤

ステンレス製の水筒で、つかってはいけない洗剤としては塩素性漂白剤で、逆にステンレスを錆びさせてしまうとのこと。説明書にも書かれています。なのでステンレス製品に塩素系の洗剤を使用するのはNGです。