気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

入浴前の緑茶で美肌になる? 一番風呂が肌に悪い理由 レモン汁で塩素を減らす? 肌に悪い入浴法

スポンサードリンク

世界一受けたい授業では、肌に悪い入浴法ワースト5を紹介していました。今の時期から乾燥で肌がカサカサになり粉をふいたり、痒くなったりと乾燥肌は悩みの種。そんな肌に悪い入浴法を普段からやっているかもしれません。美肌を作る入浴法とはどんな方法なのか。詳しく教えてくれたのは、東京都市大学教授の早坂信哉先生でした。意外と一番風呂が肌に悪いそうです。というのも塩素が関係しているとか。塩素を減らすためにはレモン汁を入れると良いそうです。また、入浴前の緑茶が美肌に効果的だという。

肌にに悪い入浴法ワースト5と塩素を減らす方法 入浴前の緑茶の美肌効果

実は肌に悪い入浴法トップ5は次の通りでした。

5位全身をゴシゴシと洗う

皮膚の表面にある皮脂膜は肌の潤いを体の外に逃がさない蓋の役目をしているという。しかし、タオルなどでゴシゴシと洗うと皮脂膜が減り、肌の水分が体の外に出て行ってしまい乾燥肌になるという。

特にスネは、皮脂膜が薄いのでお湯を流すだけにしたほうが良いとのこと。

しっとり肌を目指すならこすらずに手のひらで撫でるようにして優しく洗うようにすることが良いという。

4位脱衣所が寒い

せっかくお風呂で温まったのに、脱衣所が寒いと急激な温度変化で肌が刺激され寒冷じんましんになることもあるとか。

脱衣所は暖房器具などで暖かくしておくことが乾燥肌対策になるとのこと。また、浴室も暖めることが大切とのこと。

3位一番風呂に入る

一番風呂に入ることは肌に悪いことだという。というのも水道水には殺菌や消毒のために微量の塩素が含まれている。乾燥肌で肌が傷んでいると、この塩素に肌が刺激を受け肌荒れの原因になってしまうという。

2番風呂が1番風呂より良い理由は最初に入った人の肌からでたタンパク質や脂質が塩素と結びつくので塩素が減るためだという。

どうしても一番風呂に入りたい場合などは、塩素を減らすのに効果的な成分としてビタミンCをスプーン一杯程度お風呂にいれると良いとのこと。あるいは、ゆずをお風呂に浮かべてゆず湯にするのも塩素を減らすのに効果的だという。

また、入浴剤の成分にアスコルビン酸Naが含まれていたら、これはビタミンCと同じなので塩素を減らす効果を得ることができるそうです。

2位42度以上の熱いお湯に入る

38度と42度のお湯に浸かった後の水分量を計測した結果、42度で浸かった場合、入浴後1時間後の肌の水分量は38度で入浴した時の半分になるとのこと。

つまり、熱いお湯の方が乾燥しやすいということでした。

1位15分以上の長風呂に入る

15分以上の長風呂は肌に悪いとのこと。特に冬場は要注意。長風呂に入ると肌の角層が大量の水分を吸収し膨らんだ状態になりバリアの役割を果たしていた脂分も無くなるので肌の保湿成分が流れでてしまうとのこと。

美肌には入浴前の緑茶が効果的

入浴前にコップ一杯程度の緑茶を飲むと美肌に効果的だという。その理由は、美肌に良いとされるカテキンの成分がなんと、ただ緑茶を飲むよりも、緑茶を飲んで入浴した時の方が7倍も吸収率がアップするため。

白湯でも、水分補給の意味では効果があるが、せっかくなら緑茶を飲むことで美肌効果を高めるほうが良いみたいです。