気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

世界一受けたい授業 メラニン毛穴 たるみ毛穴の対処法とは

スポンサードリンク

毛穴が原因で顔が老ける。鼻の周りにできた黒ずんだ毛穴、キレイに洗ったはずなのに残ってしまう。そのまま日焼けしてしまうと自然回復が困難なメラニン毛穴になってしまうかも。夏の強い日差しでコラーゲンが壊されて弾力を失ってしまう毛穴、それがたるみ毛穴。この状態を放置しておくと小じわになってしまう。このメラニン毛穴とたるみ毛穴の対処法を世界一受けたい授業でイケメンドクターの澤田彰史先生が教えてくれました。

Sun

Flickr: gr33n3gg's Photostream

夏の毛穴トラブルにはメラニン毛穴とたるみ毛穴の2つがある!

メラニン毛穴とは

毛穴に詰まった皮脂を放置しておくと酸化して黒ずんでしまう。そこに紫外線が当たると周辺の皮膚にメラニン色素ができて毛穴が日焼けするメラニン毛穴になってしまう。

メラニン毛穴になってしまうと、レーザー治療などが必要でなかなかやっつけるのが難しくなってしまうという。

たるみ毛穴とは

皮膚の内部は夏の強い紫外線によってコラーゲンが破壊される。すると肌のハリが無くなり毛穴そのものがたるんで伸びた状態になってしまう。これがたるみ毛穴。当然顔が老けて見えてしまう。

たるみ毛穴を放置しておくと小じわにになってしまう。

メラニン毛穴とたるみ毛穴の3つの改善法

①耳たぶの付け根から下顎をマッサージする

毛穴トラブル改善法の一つ目は、アゴの周辺をマッサージすることで唾液の分泌を促す。口の中にある耳下腺を刺激することで唾液が出てくる。唾液には美肌効果があるとされる成長ホルモンのパロチンが多く含まれている。

耳たぶの付け根から4本の指で回すように刺激する。1回20秒を1日3回する。

②ハート洗顔

洗顔料をしっかりと泡立てて、下から順にハートの形を描きながらやさしく洗顔する。汚れを落とすだけでなく皮膚の再生を促す。強くこするのはNG。洗顔後はしっかりと保湿する。朝と夕1日2回が目安。

③クール&ホットタオル

まず冷蔵庫で冷やした濡れタオルで顔の熱を1分間取る。続いて濡らしたタオルをラップで包んで電子レンジで加熱(600Wで40秒)。42度にしたタオルで顔の皮膚を5分間温める。これでコラーゲンの元となるヒートショックプロテインを作ることができる。最後はしっかりと保湿する。