気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

けん玉を勉強や運動の前にすれば 集中力アップ ためしてガッテン

スポンサードリンク

今、若者の間でけん玉が大ブームです。実はけん玉をすることで集中力をアップさせたり、認知症予防や記憶力アップにも役立つということで学習塾や柔道教室やトップアスリートまでもがそのトレーニングの中にけん玉を取り入れているということでした。ためしてガッテンでは、このけん玉で集中力が高まる仕組みを徹底解明していました。

けん玉を勉強 運動に取り入れて集中力アップ

番組では、実際に柔道教室や学習塾でけん玉をとりれる試みをしているところを紹介していました。それなりに集中力アップの効果や成果に影響をしているということでした。

柔道教室でけん玉を取り入れたケース

神奈川県にあるとある柔道教室、指導者はバルセロナオリンピック柔道金メダリストの古賀稔彦さん。 5年前から練習に取り入れているのがけん玉。けん玉は稽古のはじめに欠かさず行います

生徒たちは、けん玉を腰を落とした姿勢でやったり、足払いをしながらやったり、あいた方の手でグー・チョキ・パーをしたりとバリエーションを加えて行っていました。

けん玉は集中してないとできない、できると思ってやっていても油断していると失敗してしまう。柔道でも技を一本一本丁寧にやろうと手を抜かないという効果があるということでした。

けん玉を始めたら全国大会(低学年の部)3連覇という結果が出たということでした。

学習塾でけん玉を取り入れたケース

北海道札幌市のとある学習塾。生徒たちが突然勉強をやめて廊下でけん玉をやり始めた。なんとけん玉をやった後に勉強をすると集中力が高まるということを生徒たちが実感しているという。また、 家でも勉強に集中できるようになったということでした。

けん玉をやることで集中力がアップさせるための方法

けん玉をやっても、初心者の方場合(特に一度もやったことがない方の場合)は、残念ながらけん玉をやっても集中力アップにはつながりません

但し、認知症予防や記憶力のアップには効果的ということでした。

けん玉の技をある程度こなせるようになってから、けん玉でその慣れた技を勉強前やトレーニングの前にすることで集中力を高める、いわゆる集中モードに入ることができるようになるということでした。

けん玉で集中力がアップする理由

集中している時の脳は前頭前野の活動が抑えられている。一方、自分の姿勢や体の動きのイメージを司る脳の部分は血流が良くなり活発になります。

つまり、脳の中では無駄な働きをしないように活動を抑え、一点の部位に集中させるように自動的に切り替えられます。これこそが集中モード(究極の集中状態)の状態。 この集中モードを脳に覚えさせると、けん玉以外でも集中しやすくなると考えられているということでした。

けん玉以外にも、自分の得意な事を勉強やスポーツを行う前に行うことで集中力を高める事ができるということでした。