気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

インド式糖質トレーニング 運動後の牛乳に砂糖で筋力アップ ガッテン

スポンサードリンク

ガッテンでは筋肉を効率良くアップさせる方法が紹介されていました。筋肉を増やすポイントは3分程度の筋トレを行った後にタンパク質と糖質を摂る事でした。タンパク質と糖質を摂るとなぜ筋肉がアップするのか、インド式糖質トレーニングとはどんな筋トレなのでしょうか。運動後に牛乳に砂糖をいれる簡単筋力アップドリンクとは。

タンパク質と砂糖を摂ると筋力アップする理由

甘いモノを食べると血液中に糖が入ってきます。血液中の血糖値が高くなるとすい臓から分泌されるインスリンが糖を脂肪に誘導します。このままだと肥満の原因になってしまいます。

しかし、何らかの運動をした場合、疲労回復のため筋肉が糖を欲しがります運動した後は糖だけでなくタンパク質もインスリンによって筋肉に誘導されるため筋肉の材料になり筋力アップにつながるという。

このタンパク質と糖を筋肉に誘導する役目をになっているのがインスリンなので、糖を摂る必要があります。

糖質を摂るタイミング

もっとも重要なポイントは糖質をいつ摂るかということでした。なるべく運動後30分以内に糖とタンパク質を摂る事が大切。

インド式糖質トレーニング(筋トレ+食事)

番組で紹介していた筋トレは次の3種類でした。腕のトレーニング、腹筋、スクワットです。

腕のトレーニング

ペットボトルを手提げ袋に、1回めは普通でも3回目はキツイと思うくらいの重さに詰めて、ひじを少し前に出してゆっくり10回上げ下げを行います。手提げ袋は最後まで上げきらないで行います。10回上げ下げしたら、今度は少し早めに行います。

スクワット

お辞儀をするようにしゃがんでスクワットを行います。この時、先ほどのペットボトルを入れた手提げ袋を後ろで持ちながら負荷をかけながら行います。きつい場合は手提げ袋なしで行います。

腹筋

横に仰向けになり、ひざを曲げます。続いて上半身を起こします。この時完全に体を起こしきる必要はないとのこと、また下ろしきらないように行います。これも10回程度行います。

これら3つの運動を2セット、速い動きと遅い動きで1日2セット、1日3分ほど行うと効果が出るということでした。

運動後に牛乳と糖質を摂取する

3分程度のトレーニングの後は30分以内に次の物を摂取します。

牛乳200mlと次の食べ物のうちどれか一つを組み合わせます。

  • どら焼き…半分
  • プリン…1個
  • アイス…2分の1カップ
  • ジュース…コップ1杯

あるいは、牛乳に砂糖大さじ1杯(10g)を加えた物を飲みます