気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

変形性股関節症がひざ痛、腰やお尻の痛みの原因?モーニングバード!

スポンサードリンク

ひざ痛、腰痛の原因は股関節にある場合があるという。腰、お尻、ヒザが痛いという悩みの人は多い。これらの痛みは股関節の神経が傷つけられることで、股関節とは関係のないところに起こる場合がある。この変形性股関節症の原因と最新治療法がモーニングバード!で取り上げられていました。パトリックテスト、術後のリハビリにロボット歩行アシストを用いる病院もあるという。

変形性股関節症とパトリックテスト

ひどい場合は痛くて歩けなくなる股関節の病気、それが変形性股関節症。実は日本人の女性にこの病気が多いという。8割以上が女性とのこと。

りんくう総合医療センターの股関節に詳しい藪野先生が、腰の痛みが股関節が原因かどうかテストするためにパトリックテストを実際に行っていました。

パトリックテストは、仰向けに寝て、まずヒザを軽く曲げて、かかとを反対側のヒザあたりに置いて骨盤を押さえながらヒザを押さえることで股関節の痛みが出るかどうかをチェックする方法。これは医師が行うことで股関節の痛みがわかるという。

変形性股関節症の原因

変形性股関節症になる理由は3つある

①老化によって軟骨がすり減る

②骨盤にある関節にあるお椀が浅くなっていて軟骨がすり減りやすい形状をしている

③長年股関節に過度な負担をかけている

③に関しては番組で実験を行っていました。

背筋を伸ばして姿勢よく歩く場合と猫背で歩く場合の場合のケースでは 歩行データを分析すると、通常は股関節には体重の3倍の負担がかかっているところ、猫背で歩くと4倍の負担になっていた。

さらに買い物袋をもった場合(重量4.5kg)股関節にかかる負担が27kgに増加し、これを片手で持った場合、反対側の股関節には70kgの圧力がかかっていた。

変形性股関節症の治療法

変形性股関節症の治療法には3種類あるそうです。

鎮痛剤

痛み止めやシップなどといった鎮痛剤を使う治療法

運動療法

中殿筋をきたえ、股関節のブレを少なくする。おもに水中ウォーキングなどで関節に負担のかからないリハビリなどがあるそうです。

あまりにもひどい場合は手術

30分

股関節がひどい場合は人工の関節をはめ込む手術を行う。 全国30の施設で受けられる。

歩行ロボットによるリハビリ術

現在では歩行アシストをつかった術後のリハビリを行っている病院もあるという。それが先ほどのりんくう総合医療センター。ロボット歩行アシストを用いることで、変形性股関節症の人を楽に歩かせることで筋肉を漬けるように助けるという。