気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

昆布に食物アレルギー反応を抑える働きがある? 食べるより触れるほうが食物アレルギー症状がでる理由

スポンサードリンク

今でしょ講座では、昆布がアレルギー反応を抑える理由や食べなくても食物アレルギーになってしまう理由などアレルギーに関することを取り上げていました。ポイントはTレグ細胞がアレルギーの原因物質を過剰に攻撃するのを止めるように働きかけることにあるということでした。詳しく教えてくれたのは昭和大学医学部小児科の今井孝成先生でした。

昆布がアレルギー反応を抑える理由?

アレルギー反応とは別に排除しいなくても良い花粉や食物に対して過剰に免疫が反応してしまうこと。最近の研究で昆布には食物アレルギーを抑える働きがあることが発見されたという。

ただし、これはマウスの実験によるものなので、人間が昆布を食べれば良いというものではないという。

昆布を食べるとアレルギー反応が抑えられる理由は、アレルギー反応を抑える働きのあるTレグ細胞が、昆布を食べる事で増加するためだということでした。

食べていないのにアレルギー症状がでる理由

食べてもいないのにアレルギー症状がでてしまうことがあるという。例えばお蕎麦の場合茹でる工程にアレルギーを誘発するポイントがあるという。

そばを茹でると、そばの茹でた蒸気がでます。その蒸気とともにそばの成分が飛んでくるという。

そばアレルギー持ちの人の前でそばを茹でた場合、軽症のそばアレルギーなら問題は無いが、重症なそばアレルギーの場合だと蒸気でも発症してしまう可能性もあるという。

問題なのは、このアレルギー原因物質が肌に触れること

実は食べることよりもアレルギー物質が肌に触れる時の方がアレルギーを誘発しやすいとのこと

名医によると、お腹のなか(胃や腸)には腸管免疫というのがあり異物が入ること自体はそれほど問題が無いという。

しかし、皮膚や粘膜に異物が入ってこようとすると、体内では積極的に排除しようとするという。そのため、アレルギー反応が出やすくなるということでした。