気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

東京ベイ幕張 フジテック ホテル日航奈良 儲かるのっぽ建物 がっちりマンデー!!

スポンサードリンク

高いところに上るのは人の本能? 高いところから見下ろすとやはり気分が良いのでしょうか。風景はもちろんのことその眺めも良い。8月17日のがっちりマンデー!!では日本全国で儲かるNO.1ののっぽ建物を紹介。アパホテル&東京ベイ幕張、JRタワー、フジテック、ホテル日航奈良が紹介されていました。

アパホテル&東京ベイ幕張

まずは、千葉県の一番高い建物を調査。千葉県で一番高い建物といったら千葉ポートタワーと街頭アンケートで多くの方が答えていました。千葉市役所の近くにある高さ125.15mのタワー。しかし、これは不正解!

千葉県でナンバーワンの建物は千葉ロッテマリーンズのホームグラウンドの向かいにあるアパホテル&東京ベイ幕張でした。その高さはなんと180m

なぜこんな高いビルを建てたのか

もともとは幕張プリンスホテルが運営をしていて、アパホテルがこの建物のホテルとブランドを取得したという。幕張プリンスホテルは8年前に赤字経営をきっかけにアパホテルが買い取ったとのことです。

それが今や年間売上が50億円という数字をたたき出している。1500室の客室が年間90%の稼働率ということで、全国平均の客室稼働率51.2%を大きく上回っている。

つまり、ビルを建てたのではなく買い取ったということでした。

売上のV字回復のきっかけ

売上が激的にアップしたきっかけはアパホテルが行ったホテルの改装。ターゲットとなるお客は平日のサラリーマンと土日の家族連れの両面狙い。疲れたサラリーマン向けに19もの湯船を設置して疲れを癒やし、家族連れのお客のために、8割がシングルだった部屋を家具の配置などを変えてツインルームを8割にして集客人数を増やした。そのため近くのディズニーランドに行くお客さんがどっと押し寄せた。

ホテル最上階の50階にはダイニング&バー・スカイクルーズマクハリというイタリアンレストランがある。

JRタワー

続いては北海道、街頭アンケートではテレビ塔とJRタワーという解答にわかれましたが、正解はJRタワーでした。JRタワーは地上38階建ての高さ173m。

JRタワーは儲かっているのか

なんと年間売上で1000億円規模ということでした。JRタワーのよこにある1~7階建てのショッピングセンターが大好評、特に移動が楽。

JRタワーにはショッピングセンターのほか、オフィス、JRタワーホテル日航札幌が入っています。22階のスカイリゾートスパがオススメなんだそうです。そこのスパには地下1000mから組み上げた天然温泉があります。

そして38階には展望台があります。イチオシはなんとガラス張りのトイレ。

新幹線が入ってくればさらに売上が上がる可能性があるという。

エレベーター研究塔 フジテック株式会社

続いては滋賀県で一番高い建物、街頭アンケートでは彦根城と大津プリンスホテルとに別れました。しかし、正解はぜんぜん違うところにありました。たんぼのどまんなかに忽然と表す細長い建物。高さはなんと170m。これはエレベーターの研究塔。

エレベーターの会社フジテックさんが作った実際にエレベーターを動かしてテストするために作った研究塔。

なぜこんなに高さが必要なのか

50階建ての高層建築になると速いエレベーターが必要になるので、その開発には欠かせないということでした。エレベーター会社はたいてい持っているという。

塔内には10台以上のエレベーターがある。エレベーターはただ速くてもダメで揺れも少くしなければならない。急加速と最後の急減速をテストするのにはやはり高層タワーが必要になってくる。

フジテックのエレベーターは六本木ヒルズ、虎ノ門ヒルズ、ニューヨークタイムズタワーにも入っているとのこと。しかも、年間売上が1470億円とのこと。

ホテル日航奈良

続いては奈良県の一番高い塔、街頭アンケートではわからないという答えが圧倒的に多い。奈良県で一番高い建物はホテル日航奈良(五重塔を除く)。高さは46mとそれほど高くない。というのも奈良県では景観を維持するために高い建物を建てることができない条例がある。

実際に儲かっている?

実際に儲かっているのかどうかは想像に任せるということでした。奈良の場合、春と秋が非常にお客さんが多い。逆に夏と冬が閑散としている。奈良に来る観光客は修学旅行生とお年寄りがメイン、そのため夏と冬はお客さんが激減。

その解決法としてホテルの屋上に夏はビアガーデンを作り、冬は屋上を元旦の初日の出を見る宿泊客に開放した。1月末には屋上は春日山の山焼きを見るベストポジションとなっている。