気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

LPSを多く含む食材ベスト3 LPS(リポポリサッカライド)の効果効能 LPS体操 世界一受けたい授業

スポンサードリンク

花粉症にかかりやすい、風邪をひきやすい人の差は免疫力に差があります。その免疫力をアップさせる物質として今、注目されているのがLPS(リポポリサッカライド)だという。世界一受けたい授業ではこのLPS(リポポリサッカライド)を多く含む食材ベスト3とLPSを増やすためのLPS体操とLPSの効果効能を紹介していました。

LPSを多く含む食材ベスト3

LPSは市販されていないので食べ物から摂取する必要があるという。 LPSを多く含む食材として紹介していた食材は次の3つでした。

  1. 玄米:玄米の周りのヌカには大量にLPSが含まれているという
  2. めかぶ:農薬や肥料が使われていないので自然の状態でLPSが含まれているという。
  3. レンコン:LPSは土の微生物に多く含まれているという。レンコンは土壌に埋まっていて特に皮の部分にたくさんLPS成分が含まれているということでした。加熱調理しても大丈夫とのこと。

LPSを効果をアップさせるヨーグルト

ある食べ物と一緒に食べるとより効果がアップするという。それは、ヨーグルトでした。 乳酸菌はLPSと同時に摂取するとすごい相乗効果が発揮することがわかったという。風邪を引いた時などでも最高に良いということでした。

LPSの効果・効能

LPSとはリポポリサッカライドの略。このLPSは土や野菜の中にいる微生物成分の一つで、もともと人間の体の中には存在していない物質だということでした。そのため外部から特に食材から摂取する必要があるという。

このLPSを積極的に摂取する事で風邪やインフルエンザの予防、花粉症の抑制、ガンになりにくい体まで作る事ができるということでした。

LPSを摂取することで3つの効果・効能があることがわかっているということでした。

  • 肌荒れの改善:毛が抜け落ちて目の周りが赤くカサカサになり、アトピーと診断された犬に1ヶ月LPSを摂取させたところ、毛がふさふさになり肌荒れも改善したとのこと。
  • アルツハイマー予防:LPSには、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβの掃除を促進する働きがあることが発見されたということでした。ちなみに、脳の免疫細胞が活発になる時間帯は寝ている時だということでした。
  • がん予防:1日に5,000個作られるというがん細胞もLPSの摂取で免疫力がアップしてがん予防ができるということでした。

免疫力の低下の原因はストレスだという。LPS摂取不足の人は免疫力が少ないという。ストレスの他にもきれい好きな人は注意だという。

適度に清潔にすることは悪いことではない、極端にきれい好きはNGとのこと。

LPS体操

免疫力を活性化させる方法は簡単な体操によっても行う事ができるという事でした。それがLPS体操です。やり方は次のとおりでした。

  1. まずは右手で左手の指先から体の中心に向かってL・P・Sと繰り返し言いながらこすります。
  2. うっすらと赤くなるくらいにこする事がポイントだという。反対も同じように行います。回数は適度でいいようです。

脚なども心臓に向かってこすると効果的だという。

皮膚同士をこすり合うことで皮膚の中にある免疫細胞を刺激する事ができるということでした。