気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

野菜の人参やミカンを食べると宝くじに当たりやすくなる? 無根拠の自信は幸運を招きやすい

スポンサードリンク

今回のホンマでっかtvでは、どんな人が運がいいのか悪いのかがテーマでした。なんでも、野菜の人参やみかんなどカロテノイドが含まれている野菜などを食べていると幸運になりやすいとのこと。その結果、宝くじなどにも当たりやすくなるとか。

野菜を食ると幸運になり宝くじも当たりやすくなる!

脳科学者の澤口先生によると、人参やみかんなどに含まれている成分カルチノイドには脳を楽観的にする効果があるということでした。

また人参やミカンなどを食べると宝くじも当たりやすくなるとか。

宝くじが当たりやすくなる理由は、楽観的な人ほどチャンスを見逃さず偶然の幸運に恵まれやすいためだということでした。これは、感じるからとしか言いようがないとのこと。

根拠の無い自信は幸運に恵まれる

生物学評論家の池田先生によると理屈どおりに物事が進むと思っている人はだいたい運が悪いとのこと。

むしろ無根拠の自信がある人の方が運がいいということでした。無根拠の自信がある人というのは、例えば、「オレがやればうまくいく」などといつも言っている人などです。

無根拠の自信のある人は、周りからすごいやつだと一目置かれ、それによって幸運の機会が増加するとのこと。

宝くじに当たりやすい人の特徴

マーケティング評論家の牛窪先生によると、宝くじに当たりやすい人の調査で、夜型の衝動的な行動に出る男性が宝くじに当たりやすいということがわかったという。

その他の運が良くなるパターン

イギリスの新聞テレグラフ紙によると、自分の半径1.6km以内に運の良い友だちがいると自分の運も良くなる。経済評論家の門倉先生によると、近くの友達が幸運になると、自分自身の幸福感が25%アップするということでした。

また、幸運な人と接すると幸せな気分になることから、積極的になり幸運の機会も増加するとのこと。