気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

入浴30分前の茶菓子は低血糖を防ぎ湯あたり防止になる? 入浴前の緑茶で美肌効果アップ

スポンサードリンク

林先生が驚く初耳学によると、旅館に置いてある茶菓子にはちゃんとした理由があるという。これには低血糖が関係していて、入浴30分前に茶菓子をたべることで低血糖を予防し湯あたりを防止することができるとのこと。また、入浴前の緑茶は美肌効果を高めてくれるとのこと。

温泉旅館の部屋にまんじゅうが置いてある理由は湯あたり防止

温泉旅館といえば、部屋にはいるとまず茶菓子が置いてあります。温泉旅館のまんじゅうはお風呂前に食べるべきだということでした。茶菓子というとせんべいやまんじゅうなど様々なものが置いていありますが、一番多いのがまんじゅうだという。

置いてある茶菓子にまんじゅうが多い理由は女将さんのこのみでは無いという。

これにはちゃんとした理由があるという。

これを知らないと風呂あがりの体調に影響がでるかもしれないという。それは湯あたりするかもしれないということでした。

実は、温泉旅館に置いてあるまんじゅうは温泉に入った後に食べても効果がないとのこと。

東京都市大学教授の早坂信哉先生によると、茶菓子は湯あたり防止のために置いてあるという。

温泉旅行に行くとつい長風呂で気分が悪くなりがちになります。この湯あたりの原因の1つに低血糖があるという。

低血糖の防止としてこのお茶菓子が非常に有効だということでした。低血糖になる理由は入浴で代謝がアップするためです。

お茶はお風呂に入る前に飲むと美肌効果がアップする

さらに茶菓子の横に置いてある飲み物といえば緑茶。このお茶はお風呂に入る前に飲むと美肌効果がアップするとのこと。

緑茶に含まれているカテキンには抗酸化作用があります。この緑茶のカテキンの吸収率は入浴の30分前に飲むと7倍アップするとのこと。

これは家庭でお風呂に入るときも同じだということでした。