気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

小林真央さん 進行がんは乳がんと判明 乳がんのステージは? いつ発覚したのか 現在の治療法

スポンサードリンク

2016年6月9日に海老蔵さんは急遽、奥様である小林麻央さんの進行がんについて会見を開きました。進行がんの内容は乳がんで、やはり結構重い病状だということでした。乳がんのステージについて言及されていませんでした。また、乳癌が発覚したのは1年8ヶ月前だったとのこと。現在は抗がん剤治療を行っているということでした。

真央さんの進行がんは乳がんだった

海老蔵さんは2016年6月9日に妻の真央さんの病名に関する会見を行いました。とある新聞紙の見出しでは、小林麻耶さん進行がんと掲載されていました。

乳癌がわかったきっかけ

海老蔵さんによると、真央さんの乳癌がわかったきっかけは人間ドックだったということでした。その後、何回か精密検査をして乳癌と判明したとのこと。

また、真央さんが乳癌と医師から告げられた時、やはりガンの進行具合が速いもので、なかなか大変なものになるという内容だったという。

真央さんの乳ガンはいつ判明 乳がんのステージ

実は、真央さんの乳がんの発覚は1年8ヶ月前だということでした。海老蔵さんは今まで公にならなくてよかったということもおっしゃっていました。

真央さんは今まで入院していて、つい最近、通院という形をとれるようになり、今は通院をしているということでした。

ただ、不安定な状況なので病状によっては、また入院するとのこと。

真央さんの乳がんのステージはどうなのか

乳がんの状況は深刻な状態だということでした。具体的な真央さんの乳がんのステージは海老蔵さんは言及しませんでした。やはり、深刻な状況なので今回会見を開いたとのこと。

ちなみに乳がんのステージには0からⅣまであり、治療がそのステージによって変わってくるということでした。

真央さんの現在の治療法

真央さんは現在抗がん剤治療を中心に行っているという。ただ、抗がん剤が人によって合う合わないがあり、手術に向かって治療を勧めているとのこと。