気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

お金が貯まる人の習慣 カートで買い物 地下鉄で買い物に出かける ホンマでっかtv

スポンサードリンク

先行き不安な景気、お金が貯まる人の秘訣を知ることは大切。1月21日のホンマでっかではお金が貯まる人の習慣について紹介していました。地下鉄に乗ってデパートに出かける、現金で支払う、買い物するときはショッピングカートを使う、買った商品はすぐに開封しないなどお金が貯まるコツが盛り沢山でした。

お金が貯まる人の習慣

普段買い物をする時の時間は23分以内にすべし

23分を超える場合は要注意とのこと。イギリスの「デイリーメール」では買い物をはじめて23分経つと無駄遣いを判断できなくなるということが掲載された。なんでもバーチャルの買い物を再現した際に脳の前頭葉の部分が平均で23分間活性化するという。

脳の前頭葉は理性を司る部位で、この部分が活性化しているときは無駄なものを判断することができるが、23分を過ぎると前頭葉機能が鈍ってしまうため無駄な物を購入してしまうということでした。

買い物カゴよりショッピングカートを使って買い物をすべし

スーパーマーケットで買い物をするときは、買い物カゴで買い物をするとカートで購入するより3倍ジャンクフードを購入してしまうという。

買いすぎてしまう理由は、買い物カゴに商品をいれると、その重さでバランスが崩れてしまいます。そのバランスを調整しようとして無意識に物を入れてしまうのでカートで購入するよりも無駄な物を購入してしまうということでした。

買った商品の開封を先延ばすとお金がたまりやすい

例えば、CDを購入した時にその日に開封せずに1日延ばすことで、その分楽しみが持続するのでお得感も持続するということでした。ワクワク感を持続させることで、すぐに飽きさせないという効果があるという。そのため買うペースも減るので節約につながるということでした。

支払いを現金でする

買い物依存症の対策として、買い物をしたという満足感を得ることが大切。なので現金で支払いすることでこの満足感もますので依存症の対策にもなるという。その結果使いすぎの防止にもなるということでした。支払いを自分の手でやったという事がとても大切だということでした。

現在はキャッシュレス時代、満足度が低く買い物依存症のリスクが高いという。

銀行口座を一つにまとめるとお金が貯まる

銀行口座を複数持っている人は一つにまとめるとお金が貯まるという。アメリカのカンザス大学の研究によると銀行口座が1つだけの人は、そうでない人に比べて消費を抑制し貯蓄に励む傾向があるということでした。それは残高がすぐに分かるからだということでした。

これはクレジットカードにも言えることで、複数のカードを持っていると使用額の記憶が曖昧なため多く消費してしまう傾向にあるという。

セクシーな写真を見るとお金が貯まらない

これは男性の場合で、セクシーな写真を見るとお金が貯まらなくなるという。これは脳の回路が同じなのでせっかちになりがちになるためだということでした。実験でセクシーな写真を見せた人は来週の1万1千円よりも今日の1万円を選ぶという傾向にあることが実証されたということでした。

欲望は脳の中では同じ脳領域で処理されているので性欲が増すと物欲も増す傾向にあるということでした。

地下鉄に乗ってデパートに行くと買い物をしなくなる

物を買うということは、その物がもたらす明るい未来を手に入れたいということ。逆に、物を買いたくなくなる代表格が自分の老け顔だという。薄暗い場所で鏡を見ると老け顔にみえるので物欲も抑えられるという。

つまるところ、自分の老け顔をみることで気分も暗くなり購買力も抑制されるということでした。