気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

寝正月を2日過ごすと1年分老化する 妄想するだけで若返る方法 林先生が驚く初耳学!

スポンサードリンク

お正月はゴロゴロしていると気持ちががいいものです。お正月に増える体重は平均でなんと2.2kgだという。さらに近年、東大教授が太るより恐ろしい寝正月に関する発表をした学説。それは、寝正月を2日すると1年分老化が進むというものでした。しかし、妄想をすることで、ごろ寝をしていても若返る方法があるようです。

寝正月を2日すると1年分の老化がすすむ理由

たった2日寝正月すると1年分老化が進むとはどういうことなのでしょうか。そもそも老化を知る上で重要なポイントは筋力。

筋力の低下こそが老化現象の大きな要因。実は成人が普通に生活をしていても筋力は徐々に衰えると言われているという。30代から平均で年に1%筋力は低下すると考えられている。

筋肉は動くことを前提に作られている。筋肉を使わないことが増えてくると筋肉が減少して衰えてくるということでした。

人たちは日頃から重力と戦っています。足を上げるのも、手を上げるのも重力に逆らって筋力を使ってるのですが、その筋力をもっとも使っていない状態が寝ている時

寝ている時はほとんど重力と戦っていないため筋力は低下しっぱなしになります。

1年分老化するという数字はどのように弾きだしたのか

例えば、ゴロゴロしているような寝正月の生活をすると1日で0.5%の筋力の低下が見られるという。寝正月1日で0.5%×2日で1%の低下というように算定されることになり、1年分の老化(筋力の低下)ということになるということでした。

成人が1年で低下する筋力も1%程度なので、寝正月を2日すごすと1年老化するということになるわけです。寝正月するだけで1年分の筋力が低下するとなると、普段からあまり動かない人となるとさらに筋力の低下が進むので、色々な症状が出てきてもおかしくはないようですね。

ごろ寝してもで若返る方法 妄想

ごろ寝をしていても若返る方法、それは妄想でした。脳科学の先生によると妄想をすると10歳若返るということでした。

妄想を繰り返していると脳の番地と番地の結びつきが活発になってくるという。そうすると、もともと眠っていた細胞が成長し始めて脳が若返るということでした。