気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

モンスターシングルが増えている原因 新たな老人の疲れ 世界一受けたい授業

スポンサードリンク

世界一受けたい授業では、夏休みに改めて考えてみたい家庭の問題として新たな老人のストレスの原因となる孫疲れ、パラサイトシングルよりも深刻なモンスターシングルなどを取り上げていました。モンスターシングルが急増している原因とその可能性がある人の数とは。

モンスターシングルの数と急増している原因

新たな家庭内問題としてモンスターシングルというのがあるということでした。モンスターシングルとは、生活費の殆どを親に依存しているだけでなく、親の資産や年金を食いつぶし、老後の生活を脅かす独身男女のこと。

しかも、モンスターシングルの多くは職についていなく無職のケースが多いという。総務省の調査によると、35歳から44歳までの独身男女で、親と同居していて、なおかつ経済的に親に依存している、モンスターシングルと呼べそうな人たちが62万人もいるという。

1980年は5万人、2000年に28万人だったのに対して2014年は62万人と1980年と比べると12倍以上に増加しているという。

モンスターシングルになる原因

なぜこれほど多くの方々がモンスターシングルになったのか。その原因はモンスターシングルになった方々だけが悪いわけではないという。

例えば、ブラック企業に就職してしまい、精神的、体力的にに追い詰められて退職、親の介護に専念するために退職などで収入が途絶えた結果、再就職がかなわず、その結果、親に依存するモンスターシングルなってしまったケースがあるという。

このようにモンスターシングルに陥ってしまうケースは、現代日本では誰にでもあるとのこと。

孫疲れに悩む高齢者

もう一つの新家庭問題として、高齢者がストレスを抱え込む孫疲れが問題になっているという。

2012年、イクジイという言葉が流行語大賞にノミネートされました。イクジイとは育児を応援するおじいちゃんのこと。

孫の育児について関心が高まる昨今、問題となっているのが孫疲れ。孫疲れとは、孫の面倒をみることで、体力的にはもちろん、精神的にも疲れること

ストレスを抱えこみ、最悪の場合、うつ状態になってしまうとのこと。

孫疲れが増えている原因

孫疲れが増えている原因は、共働きが増えて祖父母に預ける時間が増えてきたこと、晩婚化が進んで祖父母世代も高齢になって孫をみる事が多いことから負担が増えるためだということでした。

孫疲れによって心療内科に通う方も多いということでした。