気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

ノルディックスキップのやり方 ダイエット効果と認知症予防、痩せやすい体質になる?

スポンサードリンク

主治医が見つかる診療所では、痩せやすい体質になり、認知症予防効果、さらにはダイエット効果や体の歪み解消も期待できるというノルディックスキップが紹介されていました。用意するのはノルディックウォーキングポールだけです。スポーツセンターなどで5000円ほどで購入することができるとのこと。

ノルディックスキップのやり方のポイント

ノルディックスキップの考案者は神戸常盤大学の柳本有二医学博士。先生によるとノルディックスキップのやり方のポイントは大きく分けて2つあるということでした。

  1. スキップする時に足を高く上げるイメージをすること。
  2. 姿勢が良くなるように上体を起こすこと。

後はスキップをするときにストックを地面に付きながら行うだけです。

次に左右のストックの高さの調整ですが、体がゆがんでいるかどうかを鏡や他人に見てもらいチェックします。もしその時の姿勢で片側が下がっていたら、下がっている方のストックを伸ばして肩を水平にします。

ノルディックスキップ距離はだいたいはじめは30mほどからでも良いということでした。

ちなみにノルディックウォーキングポールは通販でも購入が可能です。通販だと意外と安いポールが手に入るみたいです。

ノルディックウォーキングポール 送料無料

ノルディックスキップのダイエット効果

実際にノルディックスキップを8ヶ月行っている女性はなんと8ヶ月で5kgのダイエットに成功したとのこと。

ノルディックスキップによって大腰筋と腸腰筋が鍛えられ、体の歪みも改善されることで痩せやすい体質になったとかんがえられるという。

認知症の予防

最近の研究によると歩幅の広い人は認知症になりにくいというデータが有り、ノルディックスキップをすることで自然と歩幅も広くなるので認知症の予防につながる運動としても注目を集めているということでした。

歩幅は男性が62センチ、女性は58センチ以下だと狭いということでした。