気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

口呼吸から鼻呼吸に治す方法 口テープ 四白(しはく)ツボ押し あいうべ体操

スポンサードリンク

主治医が見つかる診療所では口呼吸から鼻呼吸に治す方法が紹介されていました。なんでも口呼吸をしていると口の中の粘膜バリアの機能が乾燥で低下して様々な病気を引き起こす原因になるとか。口呼吸を鼻呼吸に治すポイントは口テープと四白(しはく)という目の下のツボを押す方法、あいうべ体操でした。教えてくれたのは福岡県福岡市にあるみらいクリニック院長の今井一彰先生でした。

口呼吸を鼻呼吸に治す3つの方法

今井医師が教えてくれた口呼吸を鼻呼吸に治す方法は次の3つでした。

口テープをする

まず最初の口呼吸を治す方法は寝るときに口にテープを貼る方法でした。

口に縦にテープを貼り、強制的に口が開かないようにすることで鼻呼吸に矯正するという。

四白(しはく)というツボ押しで口呼吸を治す

次に四白というツボを押し口呼吸を治す方法。鼻が詰まって呼吸しにくいという方におすすめだということでした。

目の下のところ(目のふちから指の幅2本程度下)のややへこんでいる部分を10秒間程度人差し指で押し続けるのを2~3回すると良いそうです。

あいうべ体操

次に口呼吸に治す方法はあいうべ体操でした。あいうべ体操は次のように行います。

  1. あ:大きく口を開いて「あー」っと声を出します。実際は声は出さなくても良いとのこと。
  2. い:横に口角を広げて「いー」っと声を出すような口の形をつくります。
  3. う:口を前に尖らせて「うー」っと声をだすような口の形をつくります。
  4. べ:舌をおもいっきりだして「べー」っと声を出すイメージで行います。

これらの動作を1セット4秒から5秒かけて行い1日30セットを目安にするとのこと。

このあいうべ体操で口の周りの筋肉を鍛えることで口呼吸が鼻呼吸に改善される可能性があるとのこと。

口呼吸チェック

自分が口呼吸をしているかどうかチェックする方法。次の項目に一つでもあてはまると口呼吸を普段からしている可能性があるとのこと。

  1. 無意識に口が半開きになる
  2. 唇がよく乾く
  3. いびきや歯ぎしりがある
  4. 起床時に喉が乾燥したりヒリヒリスする
  5. 口臭が気になることがある
  6. おしゃべりや歌が好きで声をだす事が多い