気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

脳をだますダイエット法 角砂糖置き換え 潜在意識を変える方法

スポンサードリンク

10月6日の主治医が見つかる診療所では、ハタイクリニック院長で精神科医の西脇俊二医師が脳をだますダイエット法を紹介していました。人間の行動の9割以上は潜在意識によって支配されているという。この潜在意識にを変えることこそがダイエットの成功の秘訣になるということでした。このダイエットのポイントは角砂糖置き換え、運動でβエンドルフィンを分泌を促す、目と口で脳をだますということでした。

脳をだまして潜在意識を変るダイエット

潜在意識とは、心の奥の隠れた意識のこと。ダイエットが成功しない理由の一つには、意識ではダイエットしたいと思っていても、潜在意識でダイエットよりも食べたいという事が優先されていることも原因だということでした。

脳をコントロールして意識を変える近道と考えたのが西脇医師。ご自身の糖質制限と脳をだますダイエット法で75kgあった体重がわずか3ヶ月で17kg減量に成功したという。

西脇流 脳をだますダイエット法

西脇先生が独自に考えた脳をだますダイエットのポイントは次の3つありました。

角砂糖置き換え法

一般的なせんべい1枚に含まれている糖質は、角砂糖に換算すると1と4分の1個分の量になるという。6枚入りの食パン1枚を角砂糖(1個4g)に換算すると6個半、ご飯1膳(150g)ではなんと角砂糖14個分の糖質の量になるという。これだけの角砂糖を食べていると思うことで、食べたくなる気持ちをある程度抑える事ができるということでした。

この方法を角砂糖置き換え法とよんでいました。

人間というのは快楽を得ると言うよりは、痛みを避ける動機づけの方が強いのでこのように角砂糖に置き換えることで痛みを感じさせて糖質制限につなげることができるという。

快感物質分泌法 βエンドルフィン

美味しいものを食べたり、食事をしたりすると快楽物質が分泌されます。これによって食事が促されるわけですが、このβエンドルフィンは適度な運動によっても分泌されることがわかっています。

そこで、ちょっと汗をかく程度の有酸素運動をしてβエンドルフィンを分泌させることで食欲を抑えることができるということでした。

目と口をだます

3つ目の方法は食事に工夫を凝らします。例えばパエリアなどをはご飯の代わりに上手く豆腐を下処理をしてご飯の用に食感を出すことによって、まるでご飯を食べている可能ように口と目で錯覚を起こさせて満足感を得させることで、ご飯を食べた時と同じ気分にさせます。

糖質を摂っていないので脂肪にはなりません。ただ、このレシピづくりというのはかなり大変で、食費も工夫しないと高くなるのでなかなか現実的には難しいのかもしれません。