気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

正月離婚の実態 妻が正月に離婚を迫る理由 ノンストップ

スポンサードリンク

1月15日のノンストップでは、妻が夫に年末年始に離婚を切りだす正月離婚というトピックスを紹介していました。離婚問題に詳しい弁護士の堀井亜生先生のところには年末年始に妻の方から離婚の相談に来るケースが増えているということでした。夫の何気ない行動や言動が離婚に導くことがあるという。

正月離婚の実態

堀井亜生弁護士は今まで1500件以上の夫婦の離婚相談を受けてきたという。先生がこの正月離婚の実態について、いくつかのケースを紹介してくれました。

年末の大掃除で発覚した夫の秘密で離婚危機

お湯の出しすぎ、購入してきたの食材の値段を気にする節約夫を持つ妻。結婚して9年、財布の管理も夫がしていて切り詰めた生活をおくっていた。妻もこの節約生活に我慢していた理由は、夫が子供の教育費のために切り詰めているという教育方針があったためだった。

そのため、妻はパートに出てなんとか家計をやりくりしていた。ところが、夫の節約はエスカレートしていったという。妻はずっと疑問に思っていたという。

しかし、年末の大掃除の時にその謎が解けた。それは、夫の本棚から消費者金融からの大量の請求書が出てきた。実は夫は妻に内緒で株に手を出し失敗していた。子供の進学費用に貯めていた300万円も勝手に使い込んでいた。過度の節約は夫の借金返済のためだった事がわかってしまった。

当然、妻はこれに激怒。新年早々、妻は実家に帰ってしまった。

正月離婚が起こりやすい理由

堀井亜生先生によると正月離婚が起きる原因は、年末年始は離婚を決定づけるトラブルが発覚しやすいためだということでした。

もっとも多い原因は夫の浮気。例えば、夫の浮気相手から突然子供宛にクリスマスプレゼントが届いて、幸せな家庭が一気に修羅場になってしまったケース。このケースでは不倫相手の嫉妬が理由とか。

他のケースでは、夫が子供の面倒をよくみるイクメンだと思い込んで、子供の面倒をみるのだが中途半端、家事の協力もしてくれるがこれもめちゃくちゃだったりと奥さんのストレスが増していった。挙句の果てに、正月の夫の実家に帰省した時に、夫がイクメンぶりを語り続けて姑からダメ出しされて怒り爆発で、妻は正月離婚を決意したという。

妻が正月に離婚を迫る理由

堀井先生によると、妻たちが正月に離婚を迫る理由は腰を据えて話すことができるからだという。一つには正月は夫婦で話し合いを持つ時間ができる、もう一つには実家に帰った時に両方の親の前で離婚のことを話すことができる体ということでした。