気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

温活ダイエット 体を温めると痩せられる理想的な平熱 バイキング

スポンサードリンク

体が冷えると痩せにくくなると言われています。そこで、バイキングでは体を温めることで代謝をアップさせてダイエットする温活ダイエットのやり方や体温を上げるとダイエットできる理由や腹巻きをするだけで効率よく体温をアップさせるなど、体の冷えに詳しい石原新菜医師を交えて解説してくれました。

体温を上げてダイエット 温活ダイエット

温活ダイエットで理想的な平熱は、36.5度から37.2度だということでした。

体温が高いと痩せやすくなる理由は、体温が高いほど代謝が活発になるからだという。代謝というのは体内の糖分や脂肪分を燃焼させてエネルギーにすることです。

体温が1度上がると代謝がおよそ13%アップするということでした。具体的には、男性で195キロカロリー、女性で150キロカロリーを消費するという。ウォーキングだと約1時間分の運動量になるとのこと。

さらに女性ホルモンが活発になり、美肌効果もアップ。血行が良くなるので肌の張りが出てくるという。

効率的に体温を上げる方法

腹巻きをする

腹巻きを1枚するだけでも体感温度が1度上がると言われているという。上着を一枚着たすよりも、薄い腹巻きを1枚つけたほうが、体温を上げるという観点から効果的だということでした。

お腹の中には臓器がたくさんあり、血液もたくさん集まっているので、お腹に腹巻きをけるだけで全身も温まるという。また冬だけでなく、夏の冷房の効いた部屋などでも腹巻きをつけると痩せやすい体を維持できるということでした。

体を冷やす食品の調理法

加熱や塩を加えるのが良い

トマト、ナス、もやし、きゅうり、大根、豆腐、こんにゃくなどは体を冷やす食材です。一見するとカロリーも低くダイエット食材最適ですが体を冷やしてしまうので温活ダイエットにはならないとのこと。そこで、これらを調理するときは加熱や塩を加えた調理をすると良いとのこと。

塩を加える理由は、塩には新陳代謝をアップさせる効果があるためだということでした。

痩せにくくなる体 NG行動

痩せるためにグリーンスムージーを飲むのはNG

グリーンスムージーのメインの食材である、ほうれん草、小松菜、バナナ、キウイなどは体を冷やしてしまうので、体温が下がってしまいダイエットが思うように行かない事があるので、グリーンスムージーだけでダイエットするというのはやめたほうが良いということでした。