気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

子供が賢くならない親のNG行動ランキング バイキング

スポンサードリンク

もうすぐ新学年。これを機に受験勉強を始めるお子さんも多い。中学受験には親のサポートがとても重要です。しかし、親の行動次第で子供の成績が下ることもあるということでした。そこで、バイキングでは子供が賢くならない親のNG行動ワースト10ランキングを紹介していました。

親のNG行動ランキング

子供が賢くならない親のNG行動ランキングは次の通りでした。

  1. 結果だけ評価する
  2. 子供の過去を責める
  3. 人前で「うちの子はダメ」ということ
  4. ご褒美でやる気を出させる
  5. 「宿題やったの?」と確認する
  6. 習い事を辞めさせること
  7. 単語の会話を許すこと
  8. 必要以上に親が落ち込む
  9. 父親が母親を責める
  10. 自分ができなかった目標を背負わせる

1位は結果だけ評価する。結果しか褒められない子は、いい子でいなければいけないと思う。つまり、ずっと良い点を取り続けなければならないので、プレッシャーになってしまいます。プレッシャーに勝てない子はカンニングをするということさえありうるという。努力や勉強の過程を褒めて上げることが、子供にとってプレッシャーになりにくく、次も頑張ろうという姿勢になるということでした。

2位は子供の過去を責める。過去のダメな点を指摘してもどうしようもないことです。成績を伸ばす親の場合は、こうがんばれば、こうなるんじゃないの?と未来から逆算した言葉がけをしているということでした。

3位は人前で「うちの子はダメ」ということ。子供というのはお母さんに認められたいというのがモチベーションになるので人前でダメというのはNG行動になります。

4位はご褒美でやる気を出させる。ご褒美を獲得することが目的となってしまい、受験校に受かったらそれで終わりになってしまうということでした。自ら学ばなくなるということでした。

5位は「宿題やったの?」と確認する。これはNGワードで言ったらアウトだということでした。反発以外はなにも生まないとのこと。「できた宿題みせて」とできている前提で聞くと良いということでした。

6位は習い事を辞めさせること。焦る親ほどクラブ活動や習い事をを辞めさせる傾向にあるという。でもこれはNG。子供には息抜きの時間も必要で勉強だけの時間を作るとその分合格率も下がってしまうという。

7位は単語の会話を許すこと。一言で答えることを許すことはNG。自分の言葉でしっかりと感想を伝えさせる事がとても重要で実際に学力も伸びるということでした。

8位は親が必要以上に落ち込む。受験に失敗した場合、子供が落ち込むのはわかりますが、それ以上に親が落ち込んでしまうことはNG。その反動で中学校時代は全然勉強しなくなるという子供もいるので、落ちても今までやってきた勉強の努力を無駄にしないように親は過剰に反応しないこと。

9位は父親が母親を責める。母は旦那から子供が点を取らないと怒られるのでつい厳しくなってしまいます。これではテストで点を取るためだけの勉強になってしまうので、集中力ややる気は長くは続かなくなってしまいます。

10位は自分ができなかった目標を背負わせること。親がいけなかった学校に自分を行かせようと、ある意味親にとってのリベンジは、子供からすると目標が自分事から他人事に変わってしまう。なのであまり頑張らなくなってしまうということでした。