気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

果物のポポーが復活 ネット通販で可能 島根県美郷町のポポーのジェラート あさイチ

スポンサードリンク

富士山のふもと、静岡県清水区、小高い山のてっぺんに幻の果物ポポーががあるという。ポポーは北米が原産の果物。旬は9月から10月で明治時代に日本に入ってきて、庭木としてえ全国に植えられたということでした。ポポーは見た目より重くてずっしりとしている。ポポーの味は、バナナのうようなマンゴーのような、トロピカルな香りのあるフルーツということでした。あさイチではこの他島根県美郷町の取り組みも紹介していました。

ポポーのインターネット通販

これまでポポーが流通してこなかった理由は、収穫して数日で黄色くなり見た目も味も悪くなるからでした。今はインターネットが普及して直接消費者に販売することができるので、日持ちがしないというデメリットも解消することができたという。

そのためにポポーは徐々に人気がではじめたということでした。その波に乗ろうと全国で栽培と加工が盛んに行われるようになったということでした。

島根県美郷町では比之宮地区の住民と広島市立大学の学生が共同でポポーを使って町おこしに取り組んでいるという。もともと各家庭で栽培しているポポーに目をつけて地元の特産として売り出すという。

きっかけは地元の女性たちが集まる女子会で、初めてポポーを食べた女性がこれを何かに使えば売れるのではと言ったことでした。

役場と地区の人が知恵を絞りネットで資金を募集して瞬く間に話題となり目標金額達成。第一弾として開発した商品は、となり町の牛乳と一緒にして作ったポポーのジェラートでした。

この秋に本格的に売り出していくということでした。これが成功すれば、ポポーをさらに栽培して地区の産業として開発していくということでした。

ポポーのジェラートの味

番組ではポポーとポポージェラートの味の判定も行っていました。スタジオにいる方が試食。どんな味という問いに対しては、どんな味と言えないという解答でした。つまり、メロンやパイナップルといったフルーツ、どれもあてはまるような味とのこと。一つの味にしぼるのが難しい味ということでした。

ちなみに、ポポーは冷蔵庫にいれたら1週間ほどもつそうです。