気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

ひざを若返らせる物質 プロテオグリカンを増やす小分けウォーキング みんなの家庭の医学

スポンサードリンク

なかなか治らないキリキリとしたひざの痛み。みんなの家庭の医学ではひざを若返らせる物質、プロテオグリカンを増やしてひざ痛を減らす方法を紹介していました。それは1日30分程度の小分けウォーキングでした。

ひざを若返らせる物質 プロテオグリカン

長引くひざ痛の原因の多くは変形性ひざ関節症という病気の場合が多いという。変形性ひざ関節症とは関節でクッションの役割をする軟骨がかけて痛みを起こす病気。

この変形性ひざ関節症の原因は加齢。1800万人の中高年がひざ痛に悩んでいるという。歳のせいなのでしかたないとあきらめている人もいる。

しかし、最近の研究によりひざを若返らせる新たな物質が見つかったという。千葉大学大学院総合医科学講座 特任准教授の渡辺淳也先生が詳しく教えてくれました。

ひざの軟骨の成分には様々な物があるが、その中にひざの軟骨を若々しく保つ、クッション機能を豊に保つ物質があるという事がわかったということでした。この物質を増やすことができれば、ひざを若々しく保つだけなく、痛みも軽減させる事ができるということでした。

このひざ痛を若返らせる物質はプロテオグリカン。このプロテオグリカンがヒザにたくさんあればあるほど痛みはでないということでした。

プロテオグリカンを増やす方法 小分けウォーキング

プロテオグリカンを増やす方法とは、小分けウォーキングすることだということでした。歩くときのひざの曲げ伸ばしでもプロテオグリカンを増やすことができるそうです。連続して10分ほど歩くことでひざの中野血流が増えれるので1日3回、10分ずつ合計で30分歩くことを目安にすることが大切だということでした。

これをできるだけ続けることでプロテオグリカンを増やすことができるということでした。

ウォーキングの際、より効果を上げる方法としてはなるべくももを上げて大股で歩くとより効率的にプロテオグリカンを増やすことができるということでした。