気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

夏特有のラクナ梗塞の原因 体重計で脱水状態をチェック 人は1時間に2リットルの汗を出せる?

スポンサードリンク

ゲンキの時間では夏に多い脳梗塞、ラクナ梗塞について取り上げていました。この脳梗塞の原因は脱水。こまめに水分を摂取することが大切だということでした。また、体重計を使った脱水状態のセルフチェックのやり方なども紹介していました。

ラクナ梗塞 熱中症のような症状になる脳梗塞

夏の熱い時期にめまいや立ちくらみを感じる脳梗塞は、脳に入っていく細い糸の様な血管が凝集塊(ぎょうしゅうかい)などで詰まるラクナ梗塞と呼ばれているという。

一方、ラクナ梗塞以外の太い血管が詰まる脳梗塞は周りにある多くの神経細胞が死んでしまうので、半身麻痺や意識障害、ろれつが回らないなどの大きな症状が出るという。

ラクナ梗塞は、死んでしまう神経細胞が少ないため、熱中症のような小さい症状しかでない場合があるという。

小さなラクナ梗塞を放置しておくと手足の麻痺がおこって歩けなくなるなど非常に危険になる場合も中にはあるとのこと。

こまめに水分を摂取することで夏の脱水を防ぎ、ラクナ梗塞の予防につなげる事ができるとのこと。

夏に脳梗塞が多い原因は脱水

脳の血管が詰まり様々な障害を引き起こす脳梗塞は、血圧が上がる冬に多いと思われていますが、実は6月から8月の夏が一番多いという。

血管の中は何も問題がなければ赤血球を含んだ血液が流れていますが、脱水状態になると体の水分が減ってしまいます。

その水分のほとんどが血液の水分。そのため脱水状態になるとドロドロの血液になってしまうという。

さらには、脱水状態になると赤血球が固まって凝集塊(ぎょうしゅうかい)という塊を作ってしまうことがあるとのこと。

この凝集塊が血管の狭いところで引っかかってしまうと血が流れなくなるという。いわゆるこれが夏特有の脳梗塞の特徴。

つまり脳梗塞の原因は脱水にあるということでした。

脱水状態の見分け方と水分摂取量

番組では脱水状態として3つの程度を紹介していまいた。

  1. 低度の脱水…喉の乾きやだるさ
  2. 中度の脱水…口の中が乾きネバネバする。尿量が少なくなる
  3. 高度の脱水…意識朦朧、血圧低下

専門家によると1日の水分の摂取量は1.5リットル以上が理想とのこと。

ただし、人は1時間に2リットルまで汗をかくことができるので、外で作業するとかスポーツをしている人はペットボトル2本くらい飲んでも十分に水分が足りているとはいえないとのこと。

脱水予防の3つのポイント

さらに脱水にならないためのポイントも番組内で取り上げていました。

  1. 就寝前にコップ1杯の水を飲む
  2. お酒の飲み過ぎは避ける
  3. 汗をかいたときはしっかりと水を飲む

体重計を使って脱水どうかを判断する方法

東京慈恵会医科大学の横尾隆先生によると自分が十分に水分がとれているかどうかを知る方法は体重測定だという。よる寝る前と朝起きた時の体重が、寝る前よりも0.5kg以上減っている場合は脱水の可能性があるとのこと。