気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

儲かり牧場 ガンジー牛の牛乳 なかほら牧場の牛乳 グループ牧場経営

スポンサードリンク

がっちりマンデー!!では余り知られていない、がっちり儲かっている牧場を取り上げていました。720mlでなんと1188円という日本一高い儲かり牛乳を作るなかほら牧場や年間400万人も訪れる豚のディズニーランドのサイボクハム、200頭の限定のガンジー牛から作られる牛乳とソフトクリームでがっちり儲けているケーエスファーム加勢牧場が登場していました。

なかほら牧場 牛乳

岩手県盛岡駅から車で3時間のところにある牧場がなかほら牧場。この牧場を経営している人によるとそこそこ売上は1.5倍ずつ増えているという。2014年の売上は2億2千万円。なかほら牧場のメイン商品は牛乳。2013年ご当地牛乳グランプリで見事最高金賞を受賞している。

知る人ぞ知るスゴイ牛乳。なかほら牧場の牛乳の特徴はその爽やかな風味。しかも飲み終わると生クリームが底にたまるという。

牛乳が美味しい秘密は、牛の育て方にあるとのこと。健康で幸せな牛からでなければ美味しい健康的な牛乳は取れないという。

牛は山の中で育てられている。88頭の牛に対して野球グラウンド50個分の山。昼も夜も外で24時間放牧されているという。

牛は朝晩の搾乳の時間になると自ら牛舎へ戻ってくるとのこと。夕方の5時くらいになると牛乳が胸にたまり胸が張るので乳を絞ってもらいに戻ってくるとのこと。

こうしてなかほら牧場で作られる720mlの牛乳は税込みで1188円とかなりの高級ブランドになって、売上は年々アップしているという。

サイボクハム スーパーゴールデンポーク

続いては埼玉県、比企郡にある鳩山牧場。なんとこの牧場の本社にはお店があり、そこにお客さんがたくさん来ているという。そこは豚のディズニーランドというとわかりやすいとのこと。

本社は㈱埼玉種畜牧場サイボクハムというところ。園内は家族連れを中心にお客さんがぎっしり。子どもたちを遊ばあせて、買い物をして買えるとちょうど良いので人気のテーマパークとなっているとのこと。

豚と触れ合えるトントンハウスという広場やパークゴルフ、アスレチック、さらには牧場産直のミートショップやレストランサイボク、天然温泉まであり、豚のアミューズメント施設となっている。

サイボクハムの年間来場者は2014年で400万人だということでした。その売上は60億円にものぼるという。

サイボクハムの目玉商品はスーパーゴールデンポークというブランド豚。改良を重ねて1998年にスーパーゴールデンポークは誕生したということでした。

グローバルピッグファーム グループ運営

続いては、新潟駅から車で1時間、新発田市にある扶桑畜産和豚もちぶたというブランドで豚肉を作っているという。

豚の育て方が一味ちがうという。グループ活動の中での生産を行っているとのこと。そのグループ活動を取りまとめているのが群馬県渋川市にあるブローバルピッグファーム株式会社。これから伸びていくため、安心して経営をするために、1人でできないことをみんなでやろうという発想。日本中の小さい牧場をひとまとめにして大きな牧場にしようというアイデア。

今や全国77軒の牧場が参加している。エサをグループで購入している分、一軒で買うよりも安く購入する事ができるという。

グループでは同じ品種の豚を育てるのでエサも同じでいいのでエサのまとめ買いが出来るという。

また、出荷用のトラックはグループで共有しているので自社で持つ必要がないという。出荷用のトラックを購入すると価格も維持費も大変だということでした。

さらに、グローバルピッグファーム社の獣医がやって来て対応してくれるという。またグループ参加のメリットは大量発注が受けられること。

ちなみグループ参加した牧場によると豚の出荷数は親豚300頭から600へと2倍に伸びたということでした。つまり売上が2倍になったという。

グローバルピッグファームの年間売上は1頭出荷における料金とエサの手数料で年間売上は284億円だということでした。

ガンジー牛の牛乳 ケーエスファーム加勢牧場

儲かる牧場、最後は新潟駅から車で30分、ケーエスファーム加勢牧場。ここではガンジー牛がメインだという。イギリスのガンジー島原産のガンジー牛からとれる牛乳。このガンジー牛は全国でも200頭ほどしかいないレアな牛。

ガンジー牛の牛乳は濃いのに後味がスッキリしている。ガンジー牛の牛乳の値段は市販の牛乳の5倍とのこと。500mlで500円とのこと。

ホルスタイン60頭からガンジー牛10頭に変えても売上はほぼ同じだという。仕事量は以前の半分で済むという。

また、ガンジー牛乳から作られるソフトクリームさらに絶賛とのこと。ソフトクリームにするとちなみに牛乳より3倍儲かるとのこと。

ガンジー牛を他の牧場で育てないのにはわけがあり、ガンジー牛の牛乳は搾乳に手間がかかるという。ホルスタインに比べて3倍の時間がかかるので他の牧場では育てないということでした。