気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

臨死体験の謎 人の心とは 統合情報理論とフォールスメモリ nhkスペシャル9月14日

スポンサードリンク

昏睡状態から生還した人は臨死体験を語ることがあります。その時、脳の中では何が起きているのか。また人の心というのは脳のなかでどのようになっているのか。また臨死体験の謎とは。nhkスペシャルでは立花隆さんがその謎に迫っていました。

心肺停止状態でも脳波出ている

臨死体験を脳科学によってどこまで説明できるのか。 動物を使って研究している科学者の実験によると。 ネズミの脳に電極を入れて実験、ネズミに薬物を投入して昏睡状態にして、脳波を計測した。 すると心肺停止の後、4秒後に非常に小さい脳波が見られた。それは数十秒間続いていた。 人の脳も活動しているのではないかということでした。

脳はなんらかの役割を果たしているのかもしれないということでした。

臨死体験は偽情報(フォールスメモリ)が作り出す

臨死体験は脳によるニセの情報によるものではないのかそんな疑問が持ち上がった。

ネズミの記憶の実験、ニセの記憶(フォールスメモリー)を植え付けることができたという。 まず安全な部屋の様子を覚えさせる。次に別の部屋に移すて、安全な部屋の事を思い出させます。その時、同時に電気ショックを与えます。すると、安全な部屋で電気ショックを受けたというフォールスメモリができてしまい、安全な部屋を怖がるようになった。

フォールスメモリは人間にも起こる現象。 被験者にニセの思い出写真を作り、何度も質問するという実験を行ったところ、フォールスメモリがつくられたということでした。もともと、人間はフォールスメモリを作りやすいいきものだという。間違った記憶を本物だと思い込む。 つまり臨死体験もフォールスメモリではないかという仮説が持ち上がった

人の心は何にか

自分は脳の中でどう生まれ、どう死んでいくのか、人の心に関しては科学的な議論があるということでした。

心はどう生まれるのか 統合情報理論

心の一部である意識に関しては究極の謎だった 。感覚、感情、行動、記憶、人の心はこれらだけじゃない。 これら全てを統合したものが意識。これがその人らしさを作り出す自我です。

今までは、意識を生みだす細胞が脳内のどこにあるのかわからなかった。しかし、その糸口がみつかった。ジュリオトノーニ教授がその意識が脳内で生まれるメカニズムを解説していました。

意識は数学的に表現ができるという。人が目覚めている時は、蜘蛛の巣のような複雑なさまざまな繋がりが脳内にはあります。これを統合情報理論というそうです。具体的には、熱い、寒いといった感覚に関する情報、楽しい、悲しいといった感情に関する情報、過去の出来事などの膨大な情報が脳内には詰まっています。

これらの情報が複雑に繋がり蜘蛛の巣のようにつながったのが意識だという。 膨大な神経細胞どうしがつながって意識が生まれるという理論をジュリオトノーニ教授を主張していました。

つまり、脳こそが意識を作っているということです。 そして脳が死ぬと、心が消えるということになる。 また、鳥や昆虫でも脳の大きさに応じた意識があり、今後、この理論によれば意識をもったコンピューターを作ることができるということでした。

臨死体験による体外離脱現象

体外離脱を脳内の現象として説明した論文があるという。 人工的に体外離脱を作り出せるということでした。 てんかんの患者の脳の各回という部位にに電気を与えると、自分のこころと体が分離しているような感覚があったということでした。自分を上から見ているという感覚もあったということでした。

各回は聴覚や視覚、身体の感覚を司る部分をつないでいます。この各回を刺激することで脳に誤った感覚を植え付けてしまうということでした。

神秘体験の脳内メカニズム

臨死体験をすると多くの方が体験するのが神秘体験。トンネルを抜けるとそこには美しい世界があり…というような体験です。 ケビンネルソン教授は神秘体験のメカニズムは次のようなものだと語っていました。

神秘体験が起こる時、脳がどう働いているのか。 それは、脳の奥深くにある辺縁系で起こる現象だという。 辺縁系は爬虫類にもあるという脳の最も古い部分。辺縁系は夢や睡眠の中心的な役割を担っている。

さらに夢と神秘体験は似通っている現象ということでした。つまり死の間際に辺縁系は不思議な働きをするという。眠りのスイッチ入れると同時に覚醒のスイッチも入れるという。

それによって極めて浅い眠りの状態になり、いわば目覚めながら夢をみる白昼夢のような状態になる。さらに神経物質を大量に放出し人を幸福な気持ちにするということでした。こうして人は死の間際に幸福感に満たされ現実だと思う体験をするという。

神秘体験は、人が長い進化の過程で獲得した本能に近い現象ではないかということでした。

また、臨死体験をしやすい人は、夢を見やすい脳を持っているという。

ただ、まだまだ臨死体験や意識については解明されていない事も多く、今後これらのことが解明される日もちかいのではないかというこでした。