気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

間食がやめられない人のダイエットは白湯を飲むと良い?

スポンサードリンク

名医のTHE太鼓判では、間食がやめられないという人のためのダイエット法を紹介していました。その方法教えてくれたのは形成外科医の髙田女里先生。間食の代わりに先生が摂るように進めていたのは白湯でした。この白湯ダイエットに挑戦したのは、お笑い芸人の八ツ橋てまりさんでした。結果的に2週間で0.5kg増量とのこと。

間食がやめられない人のダイエット法は白湯ダイエット

お笑い芸人の八ツ橋てまりさん(35歳)は間食をやめるべくダイエットに挑戦。てまりさんのスペックは身長167cm、体重は122.9kg、体脂肪は58.3%でした。BMI値は44.1と高度肥満に該当するほどでした。

八ツ橋さんがこのようになってしまったのは、結婚して親もいない、旦那も怒らないので食べたい放題の食生活をおくっていたためだという。

八ツ橋さんとタッグを組んだのは形成外科医髙田女里先生。

大好物はアイスクリームで夏は10個とか普通に食べるとのこと。なんと自宅にはアイス専用の冷蔵庫を持っている程だという。

さらにお風呂に入りながらアイスを食べるのが至福の時間だということでした。間食がやめられない八ツ橋さんのために、髙田先生が、考案したダイエットは空腹の時に白湯を飲むダイエット法でした。

白湯ダイエットのやり方

先生が教えてくれた間食をやめるための白湯ダイエットの方法は次の通りでした。

  • 朝・昼・夜の3食はしっかりとたべる。
  • 間食はすべて白湯にする。
  • 朝起きた時と寝る前にコップ一杯の白湯を飲む。

八ツ橋さんお白湯ダイエットの効果

半信半疑ながらも八ツ橋さんは白湯ダイエットを開始。白湯を飲みだしてから体があたたまるようになったとのこと。

というのも、白湯には身体を温め代謝を上げる効果があるそうです。

2週間のダイエットの結果、八ツ橋さんの体重は、なんと122.9kgから123.4kgと0.5kg増えていました。また、体脂肪率も58.3%から59.4%と1.1%アップしていました。

髙田先生の努力も八ツ橋さんには効果がなかったようです。先生は普通に食事をしても良いと言っていましたが、八ツ橋さんの普通は、普通じゃなかったとのこと。

間食を白湯にしただけでは、このケースでは効果がなかったようです。