気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

若者にも多いセルフネグレクトの原因とチェック法 治療法や改善法 ゴミ屋敷なったら要注意

スポンサードリンク

健康カプセルゲンキの時間では片付けられなをテーマにゴミ屋敷と関係があるというセルフネグレクトについて取り上げていました。セルフネグレクトは若者にも多く存在しているとのこと。また誰にでも陥ってしまう危険性があるという。そんなセルフネグレクトのチェック法と原因、改善法とは。

セルフネグレクトとは? ゴミ屋敷や孤独死と関係している

セルフネグレクトとは、東邦大学看護学部教授の岸恵美子先生によると、人が生活に必要な行為(食べる、入浴、病院の受診など)をしない、あるいはできないことで生命・健康・安全が損なわれてしまう状態のことだという。

ある調査によると、セルフネグレクトの6割から7割の方の部屋が散らかったままで生活しているという。

また、孤独死の8割がセルフネグレクト状態であったとのこと。そんなセルフネグレクトはだれでも陥ってしまう可能性があるとのこと。

セルフネグレクトの原因やきっかけ

次のケースはセルフネグレクトになってしまった男性。この男性は、奥さんを失くし一人になってしまったという。これまで家事は奥さんに任せっきりで食生活は荒れて、ゴミの分別もよくわからなかったという。

ゴミを捨てたある朝のこと、これまで仲良くしていた近所からクレームが来たという。それはゴミの分別ができていないというものだった。

このことをきっかけに、この男性は周囲の目が気になり始め、徐々に外出も減り、家にこもるようになったという。

その結果セルフネグレクト状態になってしまい、室内にゴミが溜まっていきゴミ屋敷になってしまったとか。

このように、配偶者を亡くしたことだけでなく、周囲とのちょっとした行き違いからセルフネグレクトになってしまうことも少なくないということでした。

この他にも転職・転勤、リストラ、多忙、引っ越し、人間関係のトラブル、失恋や病気、などがあるとのこと。

若者がセルフネグレクトになったケース

また、若者でもセルフネグレクトになってしまうケースがあるとのこと。普段からセルフネグレクト状態にある人と接することの多い清掃会社によると、彼氏との失恋によって片付けることも生きることも嫌になってしまったという若い女性からの掃除の依頼があったとのこと。

この女性は、失恋がきっかけでセルフネグレクトになってしまったという。清掃会社の女性従業員の方は、この女性にゲンキを取り戻してもらうため、積極的に連絡をとったり、話しを聞いてあげたりしたそうです。

一緒に作業(掃除)をしながら片付けていくと、女性は徐々に口を開くようになり、部屋が綺麗になった時には笑顔になっていたという。

この女性は今では結婚もして子供もいるということでした。

セルフネグレクトの改善法

専門家によると、家の掃除してきれいにして部屋の環境を再構築するだけでなく、周囲の人に相談に乗ってもらったりして、外に一歩踏み出すことで自分自身の再構築を行うこともセルフネグレクトから抜け出す方法の1つだということでした。

セルフネグレクト(予備軍)のチェック法

番組では、自分がセルフネグレクトの予備軍かどうかをチェックする方法が紹介されていました。

  1. 昔のカレンダーが貼りっぱなしである。
  2. いつか捨てようと思いつつもゴミをためてしまっている。
  3. 賞味期限が切れてかなりたった物が複数ある。
  4. 何かトラブルがあっても自分で解決しようとする。

これらの項目にあてはまる数が多いと何かをきっかけにセルフネグレクトになってしまう可能性が高いとのこと。