気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

仙腸関節が原因の腰痛の症状と治療法 四股のポーズで予防する方法

スポンサードリンク

その原因Xにありでは30代男性が長年悩まされてきた原因不明の腰痛の原因と治療法を紹介していました。その男性の腰痛は仙腸関節が原因で、ブロック注射による治療法を行うことで改善したとのこと。この仙腸関節が原因の腰痛の症状には特徴があるとのこと。また、番組では四股のポーズをすることで仙腸関節による腰痛を予防する方法も紹介していました。

仙腸関節が原因の腰痛の症状

30歳の男性が腰痛を感じたのは今から13年前。野球部の練習で素振りをしていた時だったという。これがきっかけとなり腰が痛み始める。

時々痛みに襲われつつも3ヶ月が経ち、一向に治らないので病院へ行ったという。最初の病院では腰椎分離症と診断され、痛み止めとコルセットによる治療を勧められたとのこと。

しかし、腰痛が一向に良くなることはなかったという。大学受験の勉強の最中には痛みが腰の左下の方に移動したという。

さらには座っていると内側から突かれているような痛みを感じるようになり、この時ひざを立てながら椅子に座ると少し楽になったという。

その後、腰痛はさらに悪化し、椅子に10分間も座ることができない状態になったとのこと。

仰向けで寝るとじわじわと痛みを感じるためうつ伏せになって下腹部にクッションを入れて寝ていたとのこと。

男性の仙腸関節腰痛の治療法

腰痛に悩む男性は父が見つけたJCHO仙台病院を受診。男性を診断した医師は同病院の村上栄一先生でした。

先生は長年原因不明の腰痛の原因は仙腸関節にあるということをつきとめて適切な治療をしました。

その治療法は仙腸関節ブロック注射による方法でした。なぜブロック注射が効果的なのかは研究ではっきりとした事がわかっていないということでした。

麻酔剤を仙腸関節に注入することで感覚を麻痺させるだけでなく、仙骨と腸骨の間を広げ動きを滑らかにするので痛みや症状が改善するのではないかと考えられているとのこと。

1日たった2分の四股のポーズで仙腸関節が原因の腰痛予防

たった1日2分でできる仙腸関節が原因の腰痛を予防するための四股のポーズのやり方は次のとおりでした。

  1. まずは脚を広めに開きゆっくりと腰を落とします。この時、できるだけ前かがみにならないように注意します。
  2. 腰を落としたまま5秒間キープします。
  3. 5秒たったら前かがみにならないようにゆっくりと元に戻します。
  4. これを1日5回を2セットするのが目安です。

先生が言うには、関節が硬くなっているので朝起きた時にやるのが効果的とのこと。あとは入浴後にやると非常に機能改善に良いとのこと。