気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

駆け込みドクター 一滴の尿ででガンがわかる 線虫が匂いでガンを発見 検査費用は数百円

スポンサードリンク

駆け込みドクターでは、一滴の尿からガンが早期発見できるというニュースを取り上げていました。実用化は2019年の予定で、検査費用は数百円程度を予定しているということでした。線虫の嗅覚は優れていて10種類のガンを尿の匂いから判別ができるという。

線虫が一滴の尿からガンを発見する検査

今行われている最新研究には尿をたったの1滴採取するだけでガンを発見する方法というのがあるそうです。これによってガンを早期発見することが近い将来できるようになるとか。

番組がやってきたのは九州大学。その理学研究グループの一人の助教授によると、がん細胞は特有の匂いを出しているということでした。今行っている研究は、尿からその匂いを判別する検査の開発を行っているということでした。

このがん細胞特有の匂いを嗅ぎ分けるのが線虫(せんちゅう)という1ミリ程度の生物。顕微鏡でみると気持ちのいいものではないがその能力はすごいという。この線虫の嗅覚は優れていて、匂いを感じ取る受容体の数は人間の3倍あり、犬よりも1.5倍あるという。

実際の実験でも判別確率は95%(242例中)とかなり高い。

この線虫が匂いで判別できるガンは10種類ほどで、いわゆる5大ガンの他、判別が難しいとされるすい臓がんなどにも線虫は反応することがわかっているということでした。

線虫が匂いで発見したガンは胃がん、食道がん、結腸・直腸がん、すい臓がん、肺がん、乳がん、胆管がん、盲腸癌、消化管間質腫瘍。

線虫はステージ0の匂いもわかるということでした。線虫は飼育も簡単で手間もかからない。そのため検査費用は数百円を予定しているという。

現在2019年の実用化を目指しているということでした。

夜間頻尿にまつわるクイズ

番組ではその他、尿にまつわることを取り上げていました。

夕方10分の足湯で夜間頻尿予防

夜間トイレに目覚めて睡眠不足を引き起こす夜間頻尿。夜間頻尿は夕方10分間、足湯をすると予防効果が期待できるという。山梨県立大学などの研究グループによると、夕方10分間の足湯で夜間起きる回数が減少したとのこと。

尿を我慢してトイレで一気に出すと失神(排尿失神)

理由は、オシッコを我慢すると交感神経の働きが活発になり血圧が上昇、一気に尿を出すと血圧が急激に下がるので脳への血流が減少してしまい、失神してしまう事があるという。これを排尿失神と呼ぶそうです。

尿を我慢すると血圧が50から60上がることもあり、脳卒中や心筋梗塞のリスクも高めてしまうとのこと。