気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

顔のシワの原因が骨にもある? 骨ホルモンをアップのかかと上げ運動のススメ

スポンサードリンク

歳を取ってくる気になるのが顔のシワ。女性だけでなく男性も気になる人が多いはず。スキンケアだけをきちんとしていればシワを防ぐことができると考えは大きな間違えだという。世界一受けたい授業では顔のシワの原因が骨と関係があるということを取り上げていました。番組では骨骨ホルモンをアップさせる簡単な方法も紹介していました。

骨を丈夫にすると顔のシワができにくくなる理由

紫外線を防ぐと顔のシワが予防できるというような、いわゆるスキンケアなどをしていればシワを予防できるというのは実は間違った考えだという。

山王メディカルセンター女性医療センター長の太田博明先生によると、肌にはスキンケアも大事だが、最近の研究でわかったもう一つ注意すべき体の部分があるという。

それはだという。アメリカのエール大学の研究によると骨密度が下がると頭の骨が小さくなり、顔の皮があまってしまい、それがシワ、たるみになってしまうということでした。

つまり、骨を丈夫にすることが肌の対策になり、シワ・たるみの予防にも役立つという。

骨ホルモンの効果

さらに骨からでる骨ホルモンにはすい蔵など全身の臓器を助ける働きがあるという。

骨ホルモンを増やす運動

番組では手軽にできる骨ホルモンを増やす運動も紹介していました。やり方は次の通りでした。

  • まずは、かかとを上げてつま先立ちをします。
  • そして、一気にストンとかかをを落とします。
  • 3秒に1回くらいの速さでこの動きを行います。ポイントは少し頭に衝撃が来るくらいの強さで行うこと。
  • 1日合計60回を目安に行います。何回かに分けて行ってもよいとのこおt.

このような簡単な運動することでも骨に刺激が伝わり骨ホルモンが出やすくなるとのこと。

このブログでは過去にも骨ホルモンについてい取り上げていました。そのときの記事はこちらです。

luana3.hatenablog.com

こちらはガッテンで紹介していたかかとを下ろすだけの運動です。1日30回と回数が今回のものよりも少なくなっています。

骨ホルモンの関連でいうと、腎臓の機能のアップということから血糖値を下げるという嬉しい働きも期待できるそうです。