気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

おやつを食べても太らない方法 たべる時間がポイント 太る時間帯とは

スポンサードリンク

主治医が見つかる診療所では、おやつを食べても太らない方法が紹介されていました。ポイントなるのは食べる時間に気をつけることでした。また、太りやすくなる時間帯というのがありBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質が関係しているとのこと。朝の10時から午後の3時の間であればお菓子を食べても太りにくいということでした。

おやつを食べても太らない方法 食べる時間に気をつける

小腹がすいてついつい食べてしまうおやつ。太りたくないので我慢している人も多いはずですが、おやつを食べても食べ方によっては太らないという。

あることに気をつければ太らないと主張する医師がいるという。女子栄養大学の人体栄養学が専門の医学博士、香川靖雄先生によると、時間栄養学を使った食べ方をするとおやつを食べても太らないという。

香川先生自身も時間栄養学を生活で実践。今まで60kgから体重が変化していないという。

高い健康食品を食べるよりも、食事の時間を変える方がお金もかからないし簡単だという。

人間の体には体内時計があり、体の様々な生体リズムをコントロールしている。この機能を利用して食事を太りにくい時間にすれば良いだけ。

時間栄養学で注目されている物質がBMAL1というタンパク質。

このBMAL1というタンパク質が作用することによって食物のエネルギーが脂肪に合成されるという。

BMAL1は午後4時頃から活発になり、一番ピークになるのが深夜12時。そして、朝になったら活動量が低下してくるという。

人は昼間活動しエネルギーを消費します。夜間は昼間の活動のためにエネルギーを蓄えます。この働きをになっているのがBMAL1。

なのでBMAL1の活動が低下している午前10時から午後3時位の間はお菓子を食べても太りにくいという。

BMAL1の活動を裏付ける実験

まず朝型と夜型に分けて食事をとってもらう実験。朝型は朝7時、午後1時、午後7時に食事を摂ります。

一方、夜型は午後1時、午後7時、深夜1時に食事を摂ります。

健康な女子大生33人に合計500kcalの食事をとってもらい、先ほどの朝型、夜型それぞれの時間帯に全く同じ食事を摂ってもらい発生したエネルギーを比較したところ、朝7時に摂った食事のエネルギーの発生量にくらべ、深夜1時とった食事のエネルギーの発生量がなんと4分の1という結果になっていました。

つまり、深夜に食べた食事はあまりエネルギーにならずに、むしろ脂肪になっているという結果を示しているということでした。

同じ食事でも、朝食で摂った食事は元気が出るが、夜食で摂った食事は肥満になるということでした。