気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

1日1分間 カレーライス用のスプーンを使って視力が回復するスプーン療法とは?

スポンサードリンク

噂の健康術では1日1分間で視力が回復する方法が紹介されていました。詳しく教えてくれたのは、著書『目はスプーン1本でよくなる』で有名の日本リバースの今野清志先生。患者さんの問診の時に取り出すのは、なんとカレーライス用に使うスプーン。なぜカレー用のスプーンで視力が回復するのかその理由と視力回復法。

カレー用のスプーンで視力が回復する理由とやり方

先生が取り出したのはカレー用のスプーン。これを使ってどのようにして視力回復につなげるのか。※番組では、必ず専門家(今野清志氏)の指導に従って行うことを推奨していました。家庭では指で軽くタッピングする程度にしてくださいとのこと

まず、約60度のお湯にスプーンを3秒間入れます。つぎに、水分を布で拭き取り、少し熱いと感じる程度まで冷まします

タッピング法という方法で、皮膚、筋肉、骨を同時にスプーンを使って軽く叩いていきます。

叩き方はスプーンの裏を使って、眉間からこめかみにかけて少しずつずらしながら1ヶ所10回程度叩いていきます。これを5回繰り返します。

さらに、目の下1センチ程度にあるラインを同じようにずらしながらスプーンでトントンと叩いてきます。

続いて眉のした1センチ、眉、眉の上1センチをスプーンの裏で撫でるように刺激します。これを5回繰り返します


 

これらのスプーンの刺激が視力回復になる理由

スプーンを使った視力回復法に太鼓判を押している森岡眼科院長の森岡清史医師によると、スプーンで叩くことによって目の周りが刺激され血流が改善し酸素不足が解消されるとのこと。

目の筋肉は細かく動いているので、すごく多くの酸素を消費しているという。酸素不足を解消し血流が良くなることによって目の周りの筋肉も活発になり視力回復につながるとのこと。

実際にスプーン療法をしている方は0.7だった視力が1に回復したとのこと。気になる方は今野清志先生のところを尋ねるか、今野先生の市販の書籍を試してみると良いかもしれません。