気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

冬場のビタミンDの摂取は日光浴よりサプリが良い理由

スポンサードリンク

最近ビタミンD不足による骨折が注目を集めているそうです。中には20代で骨粗しょう症で骨折したケースもあるとか。ビタミンDは日光浴をすることで生成されるので手軽に取れると思いがちですが冬場はなかなかそうは行かないようです。むしろサプリなどを利用した方がいいケースもあるとのこと。あさイチでは、日光浴とビタミンDの関係について取り上げていました。

ビタミンD不足で20代で背骨を骨折した女性のケース

女性に忍び寄る骨のリスクを経験したという36歳の美穂さん。長男を出産した8年前になんと背骨を骨折したそうです。

なんと、5,6冊の本を持ち上げようとした時に、背骨を圧迫骨折したとのこと。

なんと骨折の原因は骨粗しょう症だったとのこと。当同は、年代別の骨密度の77%ほどしかなかったとのこと。

美穂さんも骨粗しょう症はおばぁちゃんがなるものだと思っていて、まさか自分がなっているとは思いもよらなかったそうです。

美穂さんは、半年間寝たきりの状態が続いたそうです。

骨粗しょう症のリスク原因

島根大学の金沢一平先生によると、骨粗しょう症になるリスクを上げる要因には次のようなものがあるとのこと。

  • 更年期
  • 遺伝
  • 痩せ型
  • ダイエット
  • 運動不足
  • ビタミンD不足など

ビタミンDが不足している人が意外と多い

更年期やダイエットなどのリスクの他にも、意外と多いのがビタミンD不足による骨粗しょう症だという。

なんと女性のケースでいうと、すべての年代で8割以上の方がビタミンD不足という状態になっているとのこと

ビタミンDは1日どのくらい摂取するべきか

気になるビタミンDの1日の摂取量(骨折を予防するための)は、およそ600IUから800IUだということでした。

ビタミンDが含まれている食材

ビタミンDが多く含まれている食材は天日干ししたきのこ類や魚類だということでした。

冬場は日光浴でビタミンDを摂取するのは効率が悪い

ビタミンDは外に出て日光に浴びれば自然と作られる成分ですが、実はここにも落とし穴があるとのこと。

それは、国立環境研究所の観測データによると、ビタミンDに必要な日光浴時間は8月上旬正午ごろなら、札幌で5分、関東でも5分程度、沖縄では4分で良いということでした

しかし、冬場(12月中旬)だと札幌で300分、関東で65分、沖縄で30分もの日光浴が必要という結果になっています。

これだと、北海道の場合5時間近く日光浴していなければいけないのでとても現実的ではありません。

このようなことを考慮すると、冬場はビタミンDサプリなどで補 助していく方が効率が良いとのこと。