気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

酢ショウガの作り方と効果 粉豆腐 肝臓温めダイエット サタデープラス

スポンサードリンク

サタデープラスでは名医の健康法ベスト5を紹介していました。血管を若返らせるスーパー調味料酢ショウガを使った健康法とその作り方、肝臓温めダイエット、粉豆腐をつかった健康法などが紹介されていました。

酢ショウガの作り方と健康効果

血管を若返らせると人気のスーパー調味料、それが酢ショウガ。レシピ本も多数出版されていて、スーパーではお酢が売り切れになる店も続出したとのこと。

酢ショウガの作り方

酢ショウガを作る材料

  • ショウガ…100g
  • 黒酢…100cc
  • はちみつ…20g

作り方のポイント

  1. 100gのショウガをみじん切りにして保存用のビンの中にいれます。
  2. そこにお酢を100cc加えて、最後にはちみつを入れて混ぜます。
  3. 1日漬けておくと完成です。

1日スプーン1杯(30g)食べるだけの健康法です。

酢ショウガの健康効果

医師によると酢ショウガの健康効果は次のとおりでした。

  1. 血圧を下げる
  2. 血糖値を下げる
  3. 肥満を防ぐ
  4. コレステロールや中性脂肪を減らす

肝臓温めダイエット

肝臓温めダイエットは寝ていて痩せられる簡単なダイエット法。教えてくれたのは野村消化器内科院長の野村喜重郎先生でした。

その方法は肝臓を温めるだけ。肝臓を温めると肝臓への血流が増えて肝臓の働きが高まり痩せられる、太りにくくなる体質になるという。

体の基礎代謝の3割は肝臓がになっているという。そうすると、肝臓の機能を高めれば基礎代謝でカロリーは消費されるのでダイエット効果が生まれるという。

肝臓を温めるダイエットのポイント

  1. 食後にごろ寝をします。
  2. 頭と足を20センチほど高くして寝ます。このような体勢をとることで血液が体の真ん中に集まってくるという。
  3. 食後に15分間程度ごろ寝をする。30分以上は行わない。長すぎると太ってしまうので要注意。

粉豆腐

長野県のご長寿食材、それが粉豆腐。粉豆腐には、レジスタントタンパクが含まれていて、体内で吸収されにくい性質を持っているという。

そのため、腸内でコレステロールと結合して外に排出してくれるので、LDLコレステロール値(悪玉コレステロール)を減らしてくれるということでした。

認知症や脳梗塞、心筋梗塞を予防してくれるという。

粉豆腐はインターネットでも購入することができるとのこと。