気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

水溶性食物繊維を1品増やして 糖尿病体質改善 魚から先に食べて腸内スイッチ感度アップ

スポンサードリンク

ためしてガッテンでは、腸内細菌(バクテロイデス)を増やすことで腸内のスイッチを増やし、インスリンを出して糖尿病体質改善させることができると紹介していました。また、魚から先に食べることで腸内スイッチの働きをアップさせることができるそうです。腸内細菌を増やすには水溶性食物繊維を普段のおかずに1品加えるだけで良いとのこと。

腸内細菌で腸内スイッチを増やし糖尿病体質改善

糖尿病と腸内細菌の関係が最近の研究で明らかになっているということでした。血糖値を下げるホルモンはすい臓から分泌されます、すい臓が血液の糖分を監視していて血糖値が高くなるとインスリンが分泌されます。

一方で、腸にもスイッチがあり、食事をすると腸に食べ物が到達してこのスイッチを押します。するとインスリンを出せというい指令が出るという。その指令ですい臓が速やかにインスリンを出すので血糖値が抑えられるという。

すい臓が血糖値を察知してからインスリンを出すと、血中の糖がかなり高くなってから出るという。腸が先にインスリンを出せという指令をすい臓に送り、血糖値の上昇を抑えたほうがより速く血糖値の上昇を抑えられるということでした。

この腸内のスイッチを増やすことで、血糖値の上昇を抑える事ができるということでした。

腸内スイッチを増やす方法

腸内細菌を増やすことで腸内スイッチを増やすことができるという。腸内の良い細菌が増えればスイッチも増えるのでインスリンが多く出るということでした。その腸内細菌を増やすためには食物繊維、とくに水溶性食物繊維を摂取する事が大切だという。

ポイントは、今食べている食事に1品水溶性食物繊維を含んでいる食材を増やす事でした。例えば水溶性食物繊維を多く含んでいる食材はごぼう、玉ねぎ、にんにく、ニンジンといった根菜類やきのこ類、海藻類、納豆やオクラなどネバネバ系などの食材です。

これらの水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサとなりインスリンを分泌するためのスイッチをたくさん作ってくれるとのこと。

ただし、体質改善するまでには時間がかかるので今糖尿病の治療中の人は注意が必要とのこと。

魚から先にたべると血糖値を下げる腸のパワーがアップ

食事のしかたを変えて増やしたスイッチをパワーアップさせることができるという。それは魚から食べることでした。腸のパワーを引き出す食べ物は魚だという。

このことは、ある病院では薬で治療中の糖尿病患者の食事を徹底調査した結果、魚を多く食べる人ほど血糖値が改善していた事がわかったという。

一番大事なことはまず先に魚を食べることです。これは、例えば、ご飯と魚を食べた時に最初に魚を食べると腸内のスイッチを押すのが魚になります。魚にはスイッチを強く押し、インスリンを出せという命令をたくさん出せる働きがあるとのこと。

おかずを先に食べてご飯を食べる事が大切だということでした。サラダとご飯と魚があれば、魚、サラダ、ご飯の順に食べることで、インスリンを出す指令の量が増えるという。