気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

姑と嫁がやってはいけない行動ランキングワースト5

スポンサードリンク

嫁姑はお互いに気を使わなければいけない存在。良かれと思ってやったことや何気ない一言が相手の機嫌を損ねてしまうことになり、離婚になるということもあるということでした。そんな嫁姑がやってはいけない行動ランキングが3月19日のバイキングで紹介されていました。

嫁がやってはいけない行動ワースト5

夫婦問題カウンセラーが選ぶ嫁がやってはいけない行動は次の5つでした。

1位は「私の実家では…」と言うこと:この言葉は、姑がやっていることを全否定してしまうということでした。違って当たり前なので、素直に教えてもらう気持ちを持つことが大切。表面的日もお母さんに合わせますよという態度で接すると姑からの印象も良くなるとのこと。

2位は夫の悪口を言う:姑に言ったら少しは良くなる思い夫の悪口や愚痴を言うと、姑からすると育て方が悪かったのかなと思ってしまったりするので、愚痴や悪口を相談という形に変えると姑とも仲良くなることができるということでした。

3位は実の母親と仲良くしすぎること:実の母親と仲がいいのは大切ですが度が過ぎると(実家に嫁が1週間も2週間も帰ってしまう)姑が息子のことを心配してしまうので程々にしたほうが良いとのこと。

4位は用事がある時しか連絡を取らないこと:これは姑さんにとってはとても寂しいことなのでやめたほうがいいとのこと。

5位は周りに冠婚葬祭の金額を確認しないこと:冠婚葬祭などで、周りよりも多く金額を渡してしまったことで、親戚から総スカンを食らったというケースもあるということでした。間違いないのは姑さんに確認することだという。

姑がやってはいけない行動ワースト5

1位は勝手に家事をやる:良かれと思って姑が家事をやることはNGです。嫁の立場になると、きちんと掃除ができてなかったと思ってしまうこともあるからです。「手助けできることがあったら言ってください」というように声掛けをしてなるべく自分から手をださない事がベストとのこと。

2位は姑の趣味で選んだプレゼントを渡す:お嫁さんは気に入らなくても着なければいけないというプレッシャーがあるので、贈り物は食品や商品券がお勧めとのこと。

3位は孫を外で遊ばせる:例えば外の紫外線を気にするお嫁さんもいるので、昔は外で遊ぶのが当たり前といったような価値観を強要しないことが大切。

4位は突然家を訪ねる:これは絶対やめたほうが良いという。息子の家は私の家という感覚はよくないとのこと。息子と嫁の家であるということを十分に考える必要があります。また、家が汚かったりするとお嫁さんに恥をかかせることにもなるので注意が必要とのこと。

5位は何にでも「私はいいよ」と遠慮すること:「いいのよ」と遠慮されると、嫁は次も誘わなければいけないのか不安になってしまうということでした。また、いいものが何か分からないので、「いいのよ」と言って断るときは、前に理由をかならず付けることがトラブル回避に繋がります。