気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

帯状疱疹の前触れ 発疹前の痛みの特徴 ためしてガッテン

スポンサードリンク

子供の頃に水ぼうそうにかかったことがある人はおとなになると帯状疱疹になることがあるという。この帯状疱疹の患者数はどんどん増加しているということでした。およそ3人に1人が経験すると言われているという。ためしてガッテンでは帯状疱疹の前触れ、発疹前の痛みのサインについて取り上げていました。帯状疱疹は1時間でも速く抗ウイルス薬を使うことが大切だということでした。

帯状疱疹 発疹前の痛み

番組ではいろいろなアンケートを取り帯状疱疹の発疹が起こる前の痛みについて調査していました。

  1. チクチク
  2. ピリピリ
  3. ズキズキ
  4. ビリビリ
  5. ズキンズキン

これらの痛みで共通しているのはウイルスが皮膚に出てくる前に神経を通っているせいでこのような表現になっているということでした。

また発疹前にこのような痛みがない場合でも帯状疱疹はウイルスによってどんどん増えるので1日目より2日目に発疹が増え場合は帯状疱疹を疑った方が良いとのこと。

さらに、前触れの痛みが無い場合は発疹と痛みが同時に始まる事が多いという事でした。

帯状疱疹になった男性のケース

66歳の男性は帯状疱疹でつらい経験をしたという。 5年前に腰のあたりになんとも言えない痛みを感じたという。 鏡で見たところ赤いつぶつぶができていたという。

翌日痛みが徐々に強くなり、夜にさらに痛くなり、3日めは強烈な痛みだったという。 そこで病院へ。発疹が消えるまで1ヶ月続いたという。その後も痛みがつづき、治療が終わるまでに半年もかかったということでした。

専門家の医師によると、帯状疱疹は3日以内に抗ウイルス薬を使うことが勧められているが、3日以内に抗ウイルス薬に治療を始めれば良いというわけではなく、可能な限り1時間でも速く抗ウイルス薬による治療と痛みの治療を始める事が肝心だという事でした。

このようにならないためにもできるだけ速く帯状疱疹をみうtけることが大切。