気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

新しい胆汁で脂肪燃焼をアップさせる方法 らっきょうスムージー 今でしょ講座

スポンサードリンク

林修先生の今でしょ講座では臓器別のダイエット方法が紹介されていました。胆のうの胆汁を新しい胆汁にして脂肪燃焼アップさせる、胆汁ダイエットとらっきょうスムージーの作り方も取り上げていました。

新しい胆汁を作って脂肪燃焼をアップ

胆汁は肝臓で作られて、胆のうという臓器に貯蔵されています。胆汁の役割は、食後に体内をめぐり食べた油を細く分解して腸から吸収する手助けをします。

近年、胆汁に関する新事実が明らかになったとのこと。それは胆汁は脂肪燃焼を高めるというもの。これは、最高峰の科学誌「ネイチャー」で発表された論文に掲載されているとのこと。

この論文の内容をとことん噛み砕いて説明すると、胆汁は脂肪燃焼の現場監督的存在で、細胞のミトコンドリアに脂肪を燃やすようにエネルギーを作る指令を出しているということでした。

胆汁を新しくする方法

残念ながら人間の胆汁の量は増やすことができないという。ただし、古い胆汁を新しい胆汁に入れ替える事ができるとのこと。

1回の排便でおよそ体内の5%の胆汁が外に排出されるということでした。

新しい胆汁は、より脂肪を燃やすとのこと。

古い胆汁を捨てて新しい胆汁に入れ替える方法は古い胆汁を便として外に排出することだという。

そのため、水溶性食物繊維を多く含む野菜(らっきょう)を摂取すると新しい胆汁と入れ替えを行う事ができるとのこと。

らっきょうスムージーの作り方

水溶性食物繊維を効率的に摂取するためには食材としてらっきょうを使うと良いという事でした。らっきょうには100gあたり18.6gの水溶性食物繊維が含まれているとのこと。水溶性食物繊維を効率的に摂ることができるらっきょうスムージーの作り方は次のとおりでした。

ただし、酢漬けしたらっきょうは食物繊維が水に溶けてしまっているので、酢漬けにせずに生で食べるのがおすすめだということでした。

<材料>

  • らっきょう…3粒
  • りんご…100g
  • レモン汁…大さじ1
  • ハチミツ…大さじ1
  • 水+氷…100g

らっきょうスムージーは上記の材料をミキサーにかければ完成です。

らっきょうスムージーを試食したゲストは「やっぱりらっきょうの味だ」という声もありました。