気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

血管若返り食材ベスト3 チョロギ ピーナッツもやし テンペ サタデープラス

スポンサードリンク

サタデープラスでは、血管と肌が若返るお取り寄せ長寿食材のベスト3を紹介していました。ベスト3に輝いた食材は秋田県のチョロギ、福岡県のピーナッツもやし、岡山県のテンペでした。これら3つの食材の健康効果と食べ方とは

チョロギの健康効果と食べ方

血管若返り食材としてまず紹介されていたのが秋田県にあるチョロギという食材。秋田空港や地元の道の駅などでもチョロギを購入することができるという。そんなチョロギの健康効果とはいったいどのようなものがあるのか。

生活習慣病や糖尿病への生薬の研究をしているシドニー大学薬学部名誉教授の山原條二先生が詳しくチョロギの健康効果について教えてくれました。

先生によるとチョロギは天然のオリゴ糖の宝庫だという。さらに整腸作用も期待できて、細胞の働きを活性化させる可能性がある物質が含まれていてこれによって認知症予防などが期待できるという。

ちなみに、チョロギを作っている農家さんの血管年齢を測定したところ、62歳男性で52歳という結果が出ていました。また、68歳男性は58歳、75歳男性で70歳という結果に。

チョロギの食べ方

このチョロギはどうやって食べるのか。それは、柴漬けみたいに漬物にしてたべるということでした。

ピーナッツもやしの健康効果と食べ方

続いて福岡県の能古島にあるという長寿食材、それはピーナッツもやし。島の人には有名な食材だということでした。

栄養士の佐藤秀美先生によると、ピーナッツもやしはピーナッツと同じように栄養素は高く、もやしのようにカロリーが低いのが特徴だという。

特に美肌に欠かせない栄養素が豊富に含まれているということでした。

一番美味しい食べ方として、ピーナッツもやしを中華鍋で強火で炒めることだということでした。

テンペの健康効果と食べ方

次に紹介されていたのは、岡山県にある突然死を防ぐ奇跡の発酵食品のテンペ。テンペには血栓予防効果があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防が期待できるということでした。

テンペが作り出すテンペキナーゼ、トコフェロールという物質が血管の老化を防ぐという。

テンペの生産の8割が岡山県だという。このテンペは大豆の発酵食品。

テンペそのものには味がなくナッツのような食感。ハチミツとカットしたテンペと混ぜてヨーグルトにかけて食べると美味しいとか。