気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

両手の痛みの意外な原因 奥歯の食いしばりだったケース みんなの家庭の医学

スポンサードリンク

たけしのみんなの家庭の医学では、慢性痛を取り上げていました。原因不明の両手のひらの痛みが1年続いたという女性。痛みの名医に出会うことで知らされた意外な痛みの原因は歯の食いしばりだったということでした。運動療法を1ヶ月ほど行うことで女性の痛みは改善したそうです。紹介されていた痛みの名医は愛知県長久手市にある愛知医科大学病院の牛田享宏先生でした。

原因不明の両手の痛みの原因 58歳女性のケース

女性に最初の痛みが出たのは4年前。夕食の準備をしている時だったという。突然左の人差し指の先に針で刺されたような痛みを感じたという。しかし、痛みは一瞬「ちくっ」としただけですぐに消えたという。

その3日後、布団をつかもうとしたところ、両手の手のひらを無数の針で刺されたような痛みが走ったという。

近所の整形外科を受診したが、レントゲンからは異常は見当たらなかったという。それ以降、関節リュウマチなど自己免疫疾患を疑い血液検査や頚椎の異常を疑いMRI検査などを受けたという。しかし、これといって原因となる所見は見つからなかったという。

両手の痛みは、ひどくなる一方で、ペットボトルの蓋も開けられない状態になったということでした。それでもただ耐えるしかなかったという。

痛みに耐えて1年、ようやく痛みの名医に出会い、痛みの本当の原因を知ることになったということでした。

手のひらの痛みの意外な原因とは歯の食いしばりだったという。具体的には力を入れるときに奥歯を噛むのが原因だったとのこと。

歯の食いしばりと両手の痛みの関係

知らないうちに奥歯を食いしばる生活をしていると、頚椎と肋骨をつなぐ斜角筋という筋肉が常に緊張して徐々に硬くなるという。すると斜角筋の間を通る神経が圧迫されて、腕や鎖骨、手に痛みが出るようになるという。

先ほどの女性の場合、手につながる神経が強く圧迫されて、その結果手のひらに痛みを感じたと考えられるという。

女性の両手のひらの痛みの対処法

女性は、対処法として斜角筋をリラックスさせる運動療法を行っているとのこと。これにより、1ヶ月ちょっとで気になるような痛みは取れたということでした。