気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

太ももの裏が硬い(タイトハム)と腰痛になる原因と理由 太ももの裏の硬さをチェックする方法

スポンサードリンク

腰痛の原因が太ももの裏の硬さにあるケースがあるという。主治医が見つかる診療所では太ももの裏が硬いと腰痛になる理由と太もものが硬くなる原因、そして、太もものが硬いかどうかをチェックする方法を紹介していました。詳しく教えてくれたのはの整形外科医で徳島大学病院整形外科教授の西良浩一先生。普段は徳島大学病院で診察を行っているとのこと。これまで多くの腰痛患者を救ってきた脊椎のスペシャリストです。

太ももの裏のタイトハムが腰痛の原因となる理由

腰痛の8割が原因が不明と言われています。そんな腰痛の名医が発見した事実は腰痛はある筋肉が硬くなることの関係があるということでした。

西良医師によると腰痛のなかには腰ではなくある筋肉が硬くなることで引き起こされているケースがかなりあるということでした。

そのある筋肉とはハムストリングス(太ももの裏)だという。この太ももの裏の硬さがタイトハム(硬くなる)だと腰痛の原因になることがあるとのこと。

タイトハムが原因で腰痛になる理由は、腰の負担が増えてしまうためだという。

ふとももの裏が柔らかいと、体を前に傾けるとその筋肉が骨盤の動きに合わせて伸びるため楽に曲げられるという。

ふとももの裏が硬いと体を前に傾けたとき十分に筋肉が伸びず、骨盤の動きを妨げてしまうという。

それでも体を曲げようとすると腰に負担がかかり痛みを引き起こしてしまうということでした。

太ももの裏が硬くなる原因

なぜ太ももの裏が硬くなるタイトハムになるのか。それは普段の何気ない習慣が太ももの裏を硬くしてしまうという。

その習慣というのが姿勢の悪さ。とくに浅く椅子に腰掛けて背もたれにより掛かる姿勢こそがハムストリングを硬くしてしまう原因だということでした。

太ももの裏の硬さのチェック法

ハムストリングが硬いかどうかは簡単に前屈検査をすると分かるということでした。前屈した時に手と床の間に拳2つ以上(15cm)離れている人は太ももの裏が硬くなっている可能性があるとのこと。