気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

主食豆腐ダイエット 1年で33キロ痩せに成功したモデル トリックハンター

スポンサードリンク

主食を豆腐に置き換えるダイエットで1年で30キロ痩せた、モデルさんがトリックハンターで紹介されていました。主食豆腐ダイエットというそうですが、この方法でカロリーを落とし、軽い運動もしてみるみるうちに痩せていったという。健康面でも炭水化物抜きやカロリー0食材を使っていない点で健康的だということでした。

主食を豆腐にするダイエットを考案

85キロから52キロへ、マイナス33キロのダイエットに成功した女性が行ったダイエット法は、白ご飯を豆腐に変える、主食豆腐ダイエットでした。

もともとモデルで活躍していた裕子さんという女性はかつて体重が85キロ、しかしこのトリックを使い、わずか1年で体重52キロまで痩せて美人になったという。

痩せたことで34歳の母親ながら、大手企業のキャンペーンガールになったという。そんな、裕子さんはできちゃった婚で19歳で出産、その後デブ街道を突っ走ることになったという。

実家が近いので、実家で揚げ物ばかりを食べていたという。さらに、父親は中華料理店を経営していて、ラーメンや餃子三昧、実家に通うに連れて体型が激変し、当時50キロ台だった体重も2年足らずで85キロと産後太り状態になったという。

ある時、以前モデルとしてお世話になっていた雑誌の編集部に遊びに行くことになったという。そこで体型のことでバカにされてしまいダイエットを決意したという。

でも、食事制限は難しいと思ったので、お腹いっぱい食べてダイエットできる方法を発明したという。それが白ご飯の代わりに豆腐を主食にしたことだったという。

どのくらいカロリーオフなのか

白いご飯はどんぶり1杯504キロカロリーに対して、豆腐1丁は157キロカロリー。この白ご飯を豆腐に置き換えるだけで350キロカロリーも減らすことができます。

そして、裕子さんスゴイところはこの豆腐を飽きないためのアレンジの方法です。納豆オクラ丼にしたり、しらす丼にしたりいくら丼にしたりとご飯を完全に豆腐に置き換えたレシピを作っていたという。

さらにお寿司も、豆腐にマグロやサーモンといったようにしゃりを豆腐に変えてカロリーを徹底的に抑えたという。

すき焼きをのせて食べるすきやき丼も、ご飯に乗せて食べたら723キロカロリーのところ、主食を豆腐に置き換えることで301キロカロリーと400キロカロリー以上落とすことができたという。

豆腐主食ダイエットの健康面はどうなのか

主食を豆腐にするダイエットでカロリーは落ちますが、肝心の健康面ではどうなんでしょうか。秋津医院の秋津壽男院長によると、豆腐は十分な植物性のタンパクがあり低カロリーで栄養価の高い豆腐に置き換えるのはいいアイデアだということでした。

炭水化物抜きやカロリー0食材に置き換えるよりも健康的ということでした。

裕子さんはこの他、ウォーキングやストレッチといった軽い運動も始めて、1年で33キロも痩せることができたということでした。