気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

夏風邪が夏型過敏性肺炎だった トリコスポロンが原因と肺炎の症状

スポンサードリンク

主治医が見つかる診療所では、この時期に多い肺の病気である、夏型過敏性肺炎を取り上げていました。この肺炎の原因はトリコスポロンというカビの一種。この夏型過敏性肺炎を発症した女性の症状と肺炎をどのように改善させたのか。

夏型過敏性肺炎の症状と原因

単なる夏カゼだと思っていたが夏型過敏性肺炎だった57歳女性のケース

この女性は56歳の時にこの肺の病気を発症したという。残暑がのこる9月だったという。 料理中にコンコンと小さな咳がでるようになったのが最初の症状だったという。

近くの診療所へ行くと、単なる夏風邪と診断を受けたという。抗生物質などを処方シてもらったという。しかし、程なくしてさらなる異変があらわれたという。

その異変は、咳がおさまらなくなって、ゴホンゴホンというようなちょっと強めの咳になって、胸のあたりに綿でも詰まっているような感じがしたという。そして呼吸が苦しいと感じるようになったという。

この時、家の階段ですら休み休みでないと息切れし上れない程になったという。

また、一緒に暮らす旦那さんと息子さんにも激しい咳が出るようになったという。でもこの2人は段々と症状が良くなっていて、57歳の女性だけがずっと咳が出ていたという。

そこで、自分だけが治らないので呼吸器専門科を受診することにしたという。そこでくだされた病名は夏型過敏性肺炎というものだった。

夏型過敏性肺炎の原因

夏型過敏性肺炎の原因は、夏場に増える300ミリ分の1のある物質を吸い込む事でアレルギー反応が起こり引き起こされる肺炎。

そのある物質はトリコスポロンというカビの一種

この物質(カビ)を吸い込むことで肺が炎症を繰り返し肺炎が慢性化してしまうと徐々に肺の細胞が壊れていき、酸素を取り込めなくなっていき、最悪のケースは呼吸不全になってしまうこともあるという。

また、一度壊れてしまった肺の細胞は元に戻らないという。

当時、女性の家の洗面所の床が腐りかかっていたという。そこにトリコスポロンが繁殖していたという。

このトリコスポロンは湿気をこのみ、も木材が使われている部分に繁殖しやすいという。色は白や黄色なので目立ちにくいのが特徴。

台所や洗面所、畳や汗を吸い込んだ寝具などに繁殖してしまうという。なので高温多湿になる季節に患者数多いという。

長い間家にいることの多い40~60代の女性の患者が多いのも特徴だということでした。

夏型過敏性肺炎の対策

この女性のケースでは、トリコスポロンの発生源である洗面所付近をリフォームして、症状は改善したということでした。