気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

藤巻さんの梅酢ジュースの作り方 夏バテ予防から咳止め

スポンサードリンク

料理研究家の藤巻あつこさんが梅酢ジュースの作り方をあさイチで教えてくれました。なんと梅の調理法を研究して70年「きょうの料理」にも30年以上出演しているという梅干しの達人。また達人が教える梅干しのお手軽な作り方も教えてくれました。

藤巻さんの梅酢ジュースの作り方

一番手軽でこれからの季節にお勧めだというのが梅酢ドリンク。真夏の暑い時にこれを飲むと疲労回復にもなるということでした。梅酢は梅干しを漬けた時に出る汁のこと。梅干しの漬け汁は多くの場合捨てる事が多いそうですが、捨てるのはもったいないとのこと。

<材料>

  • 梅酢…10ml
  • 水…200ml
  • 砂糖…適量

梅酢ドリンクの作り方はコップに梅酢を水で20倍程度にうすめて、おこのみで砂糖を加えて完成です。塩分のクエン酸の効果で夏バテ防止、熱中症対策、さらに咳が出て止まらない時にちょっと濃くしたものを少量のむと咳が止まるということでした。

藤巻さん流お手軽梅干しの作り方

続いて梅干しの作り方です。

<材料>

  • 熟した梅…1kg
  • あら塩…180g
  • 焼酎…50ml
  • ジッパー袋

梅干しの作り方のポイント

  1. 梅を水洗いします。梅を傷つけないように優しく洗います。
  2. 洗い終わったら、爪楊枝などでヘタを取り除きます。
  3. その後水気を拭き取ります。表面だけでなく、くぼみもしっかりと水分を取ります。
  4. 次に梅に焼酎をなじませた後、塩をいき渡らせます。
  5. 続いて梅をジッパー袋に少しずつ丁寧に入れていきます。傷がつくとカビの原因になります。
  6. 最後にジッパー袋を閉じます。後は冷暗所で保存します。1日4回ほど袋を返します。
  7. 数日経つと梅のエキスが出てきます。
  8. 後は瓶に入れて蓋を開けたまま天日干しすると完成です。汁に浸かっていても大丈夫だという事でした。また、ジッパー袋のまま塩漬けにしても良いとのこと。